デリエールに足を出す | バレエが上達する練習方法

デリエールに足を出すとき、バーがある状態ならいいのですが、センターになるとふらついたり、アンディオールがやり辛かったりすることがありますよね。

デリエールはアラベスクにもつながるので、キレイに出せるようにしたいものです。



1.バレエに必要なデリエールの練習

デリエールにまっすぐ伸びる足はバレエのひな形ともいえる美しいポジションなのでぜひたくさん練習をしてできるようになりたいですよね。

白鳥の湖のなかでも、黒鳥が王子をだました時のデリエールに足を出したポーズはうっとりするほど華美なものです。

もちろん例外なく、バレエの基礎があってこそのものですので、練習を積めば少しずつでも必ず上達します。

そのためにはやはり、基礎です。基礎だけでできているといってもいいほどです。

コツというよりは、基本の形ですので、タンジュのデリエールは考えなくても自然に出せるほどに練習を積むことをお勧めいたします。

では、どのような基礎練習をすればそのような美しいバレエのデリエールの足が出来上がるでしょうか?

バーの時点からの意識するポイントを説明いたします。



2.バーの時に体を決める

まずはバーですが、バーは当然ながら体を作ることはもちろん、基礎の叩き込みともいえます。

バレエは軸作りといっても過言ではありませんし、その軸があって初めてデリエールにも綺麗に出せるようになり、怪我もしにくく踊る練習をしています。




バーは重心移動もありますし、バーがあるので均整がとりやすく、その状態の体でセンターへ出ていき、それから舞台へつながります。

タンジュでもそうですが、デリエールに足を出すときは当然片足軸になりますし、バーがなくても片足の状態の軸が必要です。

本当に基礎中の基礎ですから、バーのタンジュの時点で、バレエの姿勢を作ることが大切です。

そのためには、とうぜん引上げ、アンディオールということになります。

デリエールに足を出すときに限りませんが、バレエの練習をしているときは、引き上げた状態で両足を均等にアンディオールし、スクウエアを保ったまま軸にいることを意識します。

6番、いわゆるパラレルの状態でデリエールに足を出すと、お尻の高さが変わることがわかると思いますが、軸足も均等にアンディオールしておくことで、タンジュの時に片方のお尻が上がってしまったり、軸足の方に体重をかけてしまうことが減ってくるはずです。

軸足の方に体重をかけた状態ですと軸足のアンディオールがしづらくなります。そしてパラレルのようになった状態ですと、骨盤がななめになってしまうので、これではもちろんスクウエアな体は維持していけません。

まずは出来るだけの股関節のアンディオールと、均等にアンディオールするための引上げ、そこから足を出していくということを自然にできるほどに上達すれば、タンジュの発展であるアラベスクも安定してきますし、綺麗に伸びる足が出来上がってきます。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ