バレエで大切な足の爪のケアについて

バレエを始めて一定の練習を積むと、女性はトゥシューズを履けるようになります。

トゥシューズに憧れてバレエを始める少女も多いですし、それは嬉しい瞬間です。

しかし、バレエによる足の爪の痛みやトラブルが起こるのもまた、トゥシューズを履き始めてからのことが多いです。



1.トゥシューズと足の爪

トゥシューズとは、言うまでもなくつま先で立って踊るための靴です。

つま先で立つということは、日常生活ではまず行うことのない、非日常の動作です。

そのため、バレリーナのつま先には、日常生活ではあまり起こらないようなトラブルが起こる事があり、その中でも多いのが、つま先の先端を支える爪のトラブルです。

爪のトラブルは、トゥシューズのレッスンに慣れ、自分にぴったり合ったトゥシューズを履いていれば、普段のレッスンの中ではほとんど起こりません。

しかし、トゥシューズを履き始めたばかりの頃、またはベテランでも普段と違うトゥシューズや合わないトゥシューズを履いて長時間のレッスンやリハーサルをしていると、突然起こることがあります。



2.「爪が死ぬ」爪下血腫

トゥシューズを履いてレッスンしていて、しばらくして足の爪がもの凄く痛くなり、脱いでみたら爪が黒くなっていることがあります。

黒くなった爪は見た目がグロテスクですし、押すと痛みますので、その状態を見ただけで何か大変な事が起きたのではないかと、心配になります。

これは「爪下血腫(そうかけっしゅ)」と言って、爪の下の皮膚から出血して爪の下に血がたまった、いわば内出血の状態です。




痛みはかなりありますが、爪に負担をかけないようにしていると、やがて自然に下から新しい爪が再生してきて上の爪が取れ、元に戻っていきます。

バレエの舞台が近い時期などは、爪に負担をかけないようにしたいと思ってもレッスンを休むわけにいかないことも多いので、このような時は爪の上にジェルシート状の冷却材(ドラッグストアなどで入手できます)を小さく切って貼ってからテーピングをしてトゥシューズを履くなど、工夫しましょう。



3.巻き爪(陥入爪)

バレエをやっている人だけに起こるわけではありませんが、バレエをやっている人に起こると大変困る爪のトラブルが、陥入爪とも呼ばれる巻き爪です。

巻き爪になってしまうと、足の爪が爪の端の肉に食い込むように伸びてしまいますので、トゥシューズを履くと痛くて踊れなくなることもあります。

更に痛みだけでなく、爪の角が食い込んだ皮膚に傷ができて細菌感染を起こし、化膿して素人の手には負えないほど悪化することもあります。

巻き爪の対処法としては、爪が食い込み始めた時点で上手く爪を切って、肉に食い込んでいく爪の角を残さないようにすることです。

爪切りも、一般に家庭で使用する機会の多いものではなく、ニッパー型の物を使用すると良いでしょう。

更に、つま先を締め付けるような靴を履かないことも大切です。

巻き爪も悪化すると手術が必要となる場合がありますので、普段できるケアを心掛けて、痛みなどなく楽しくレッスンできるようにしていきたいものです。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ