バレエの人間関係の悩み

バレエに楽しく通っていたのに、いつの間にか人間関係のイザコザなどに巻き込まれてしまい、レッスンに通うのも気が重い・・

そんな悩みをよく耳にします。

他の生徒さんとの付き合い方は難しいですよね。



1.バレエの悩みでないことに巻き込まれてしまう

お友達同士の派閥や配役などでほかの生徒さんとのお付き合いが難しくなってしまったり、うっかりこだわりのある方のバーの位置についてしまってにらまれたり・・

どこの世界でもそうだと思いますが、女社会であることを感じることもあると思います。

そんな時でも、どのような心持でいればいいのかのヒントをお伝えいたします。



2.なぜ、レッスンに来ているのか

バレエを習う方の理由はそれぞれですし、それぞれに悩みはあり、楽しみもあると思いますが、当然ですがバレエスタジオにはバレエをしに来る方が集まってきます。

それでも理由の違いにより温度差やひがみなどが生まれてしまい、居心地が悪くなってしまうときには、レッスンに来ている理由を探してみます。

例えば気の合う趣味友達が欲しかった場合にはほかの時間に出て別の友達を探してみることも手の一つですし、スタジオを変えることも視野に入れてみることもできます。

当然ですがバレエの上達のためだけに通っているのならば、居心地の悪い理由がどうであれ、集中してレッスンに取り組むよう悩みとして扱わないようにすることが必要ですよね。

人間関係に縛られ悩むよりも、バレエの上達に集中することでまた関係も変わってきている人もたくさんいます。




バレエをするためにスタジオに通っているのに、人間関係で悩みバレエを嫌になってしまってはもったいないですよね。



3.先生は気が付いている?

体のクセなどバレエに関する悩みはもちろん、人間関係までもに先生は気が付いているでしょうか?

スタジオの規模や先生の性格にももちろんよりますが、意外と先生は気が付いているものです。

先生は長年バレエの世界で活躍されている方なので、人間関係のイザコザは意外と気が付いて気にしていたりするものです。

人間関係の悩み事はバレエとは直接関係ないので、先生に相談することはほぼないと思いますが、もし配役についてのこじれがあったり、振り付けに付いていけないことで疎外感があったりする場合は、バレエの内容のことについては相談してみるのもいいかもしれません。

「皆さんについていけなくて、ご迷惑をおかけしていて、もっとどのような練習をすればいいですか?」などの相談は、誰もが持つものでもありますし、先生にも経験があるかもしれません。

なにより、努力して上手になろうとする姿は先生にとって最もうれしいはずです。

前途した通り先生の性格にもよりますが、比較的距離の近いアットホームなスタジオであれば、バレエも上達し、悩みにも真摯に向き合えることになり、結果発表会の成功や自身の上達にもつながりますので、先生によっては相談するのも手かもしれません。

相談が出来なくても、もし悩みに気が付いていれば、次回の発表会などでは配役に気を配っていただいたりできる可能性もありますので、ついていきたい先生ならば、上達のためと割り切りバレエの上達に力を注いで頑張ってくださいね。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ