「バレエの基本技法」の記事一覧

フラッペのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

フラッペと言えばコーヒーを思い出すと思います。氷を砕いたものにコーヒーを注いで出来上がるフラッペですがバレエのフラッペは“打つ” “たたく”という意味を持ちます。 正しいフラッペをすることで素早く見ごたえのある足がつくれ・・・

クッペのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

クッペとはフランス語で“切る”という意味があります。クッペは踊りのつなぎなどで出てきますが見せ場ではないのに綺麗にクッペをしなければかなり目立ちます。どうしたら綺麗なクッペができるのか学んでいきましょう。 1.クッペのや・・・

フォンデュのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

フォンデュとはフランス語で“溶ける”という意味です。チーズフォンデュのフォンデュと同じ意味です。 チーズフォンデュのように溶けるように滑らかに足を使うことが必要です。正しいフォンデュのやり方とコツを学んでいきましょう。 ・・・

アロンジェのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエのアロンジェは“引き伸ばす” や“長く” という意味を持ったフランス語です。丸まったものや内側に向いていた力が外側に放たれるイメージです。正しい形でのアロンジェはとても優雅で見てる側も一緒に息を吸ってしまいます。そ・・・

アテールのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

アテールとは“床の上で”という意味です。これができるとフラフラとすることがなく真っ直ぐに立てます。しっかりとした強い軸足を手に入れるにはアテールを習得するのは大事なことなのです。アテールのやり方とコツを学んでいきましょう・・・

グランプリエのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バーレッスンの中ででてくるグランプリエはなぜか踊りの中ではあまりでてきません。ただ、筋肉や関節の状態を知るにはとても大事なことなのです。なんのためにやるのか、どうしたら上達するのか学んでいきましょう。 1.グランプリエの・・・

プリエのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエで最初に学び、バーレッスンの最初にでてくるとっても大事なプリエ。フランス語では“曲げる”言う意味です。簡単そうに見えてかしく正しいプリエをするのはとても難しいです。プリエのやり方とコツを学んでいきましょう。 1.プ・・・

バレエの練習はプレパラシオンを大切に

アンバから、ドゥミスゴンドから、アームスのプレパラシオン。 5番から、クロワゼのデリエールから、など、足のプレパラシオン。 バレエの踊り初めには必ずあるプレパラシオンを、練習に意識していくことは上達の助けになります。 1・・・

トゥールザンレール | バレエが上達する練習方法

男性のダイナミックな踊りにかならず出てくるトゥールザンレール。 バレエの舞台でも男性の見どころと言っていいほどトゥールザンレールは気持ちがいいですが、練習するとかなり大変なことがわかりますよね。 ではどんなふうに練習する・・・

ドゥミスゴンドについて | バレエが上達する練習方法

ドゥミスゴンドはバーなどであまり出てきませんが、小さめにアロンジェしたドゥミスゴンド姿は実際はたくさん踊りの中に使われます。 アラセゴンやアンオーだけではなく、柔らかな動きにはかならず必要なアームスの動きです。 1.バレ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ