「バレエの基本のパ系テクニック上達法」の記事一覧(2 / 3ページ)

バレエのピケが上達する練習方法

「ピケ」とは、「突き刺す・突き刺した」という意味のフランス語で、英語では「pricked」です。 その名の通り、つま先を床に突き刺すように立つバレエのパのことで、様々な動きと組み合わせられて使われます。 1.膝を曲げずに・・・

バレエのルルベが上達する練習方法

バレエには、「背伸び」をするように踵を上げる動きが頻繁に登場します。 その中でも「ルルベ」は、初心者のレッスンの中にも必ず出てくる、基本的な動きです。 将来トゥシューズを履いて綺麗に立つためにも、ピルエットなどを綺麗にス・・・

バレエのデガジェが上達する練習方法

バレエレッスンを始めて数日、「タンデュ」の次に習うのは、おそらくこの「デガジェ」でしょう。 「デガジェ」はフランス語で「引き離す」という意味があり、その名の通り片足で立ち、もう片方の足を上げる動きです。 バレエの基本中の・・・

バレエのアチチュード上達のコツ

片足を軸に、もう片方の足の膝を折り曲げ高く上げた形・・・「アチチュード」は優雅で美しく、沢山のバレエ作品で見られますね。 ですが実際にやってみると、「膝が内向きになる」など問題がでてきませんか。 今回は「アチチュード」を・・・

バレエのアテールが上達する練習方法

バレエというと、爪先立ちでクルクルと踊るイメージがありますが、それをするには「アテール」(※地上という意味)という、足裏をぴったりと床につけて立つ技が必要不可欠です。 え?ただ立つだけなら簡単? ところがそう簡単でもない・・・

ロワイヤルのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

初心者のバレエ上達には、バーレッスンが不可欠ですが、バーの役割は、身体を支える筋力をサポートするだけでなく、正しい姿勢や角度、パを身につける以外にも、大切です。 実は、ジャンプする時、床から離れて、脚の甲から脚の付け根ま・・・

ペアテのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエ初心者は、日本特有のバレエ用語が生まれた事をご存知でしょうか。 フランス語から成り立つバレエ用語は、ロシアを経由して日本に入ってきました。 フランス特有の表現を短縮して読むのは、日本のバレエレッスンでは一般的ですが・・・

プレパラシオンのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエを上達させるには、アームスと脚のポジションを体得しなければいけません。 しかし、単に、順番さえあって入れば、問題なく基礎力が上がって行くわけではないのです。 最初は真似でも、上達を感じる為には、雰囲気を身につけなけ・・・

パドブレのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエは爪先立ちをするポーズがたくさんあります。バーレッスンで鍛えたら、たくさんのステップやジャンプをセンターレッスンで学んでゆきましょう。 上達してくると、連動した動きが可能になり、途端に舞踊らしくなってきます。 中で・・・

パクリュのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

最初、バレエ初心者はターンやジャンプが始まると、慣れるまで大変です。 見て覚えたり、科学的に分析したり、バレエの頭が出来るまで大変な毎日です。 バレエのパは移動することで、舞台の上で作品を生かす役割があると言えます。 古・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ