「バレエのターン系テクニックの上達法」の記事一覧(2 / 3ページ)

バレエでピルエットを上手に回るための練習方法

皆さんはピルエットが得意ですか? バレエを続けていくうえで、ピルエットが上手に回れたら・・そう思い練習を積んでいる人も多いと思います。 美しいピルエットを回るための練習は、どのようにしたらいいでしょうか。 1.基本原則を・・・

ピルエットのダブルのコツ|バレエが上達する練習方法

1回転のピルエットが回れるようになったら、今度は2回転、つまりダブルのピルエットにも挑戦してみましょう。 ダブルのピルエットも、基本は1回転する時と変わりません。 ただし、回転数が増える分、遠心力に引っ張られず、身体や顔・・・

バレエのピルエットでの体の動かし方〜顔・首・手・腕・腰・背中・かかと

バレエには色々なパ(ステップ)がありますが、その中でも「回るパ」は最もバレエらしく、華やかなものです。 そして、同時に最も難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。 そんな「回るパ」の1つであるピルエットを上達させるに・・・

バレエのフェッテが上達する練習方法

バレエには、全幕作品の見せ場を飾る、ジャンプや回転系の技が沢山あります。 華やかで難易度が高いこれらは、まさに日々の練習の賜物と言えるでしょう。 その中でも「白鳥の湖」第3幕の黒鳥オディールや、「ドン・キホーテ」のキトリ・・・

バレエのシェネが上達する練習方法

バレエのレッスンの後半には、回転する動きの練習が色々出てきます。 その1つがシェネです。 有名なバレエのヴァリアシオン(ソロの踊り)のほとんどに登場する技です。 回転を途切れさせず、動きを止めずにクルクルと回れるように上・・・

バレエのぺアテが上達する練習方法

バレエ用語「ペアテ」は別名「タン・フェッテ」とも言い、連続して行う回転技です。 「海賊」の「ギュリナーラのヴァリエーション」、「ドンキホーテ」の「キトリのヴァリエーション」等、多くのバレエ作品にでてきます。 上達を目指し・・・

バレエのプロムナードが上達する練習方法

バレエ用語「プロムナード」はフランス語で「散歩」を意味し、アラベスクやアチチュードなどのポーズをキープしたまま一回転する動きのことを言います。 ところが、大抵の方は途中でバランスを崩したり、回れなかったりと大変です。 原・・・

バレエのピケターンが上達する練習方法

バレエ用語「ピケターン」の「ピケ」はフランス語で「突き刺す」という意味を持ち、その名の通り床に軸足を「突き刺して」回転する技術のことを言います。 くるくると軽やかに回転したいのに、目が回ったり上手く立てなかったり・・・バ・・・

バレエのシェネ上達のコツ

クルクルと軽やかに回る「シェネ」は、バレエを習う人にとって憧れの技でしょう。 だけど見るとやるのは大違いなのがバレエ。 途中で目が回って力尽きてしまいます。 今回は「シェネ」上達のためのコツについてお話しましょう。 ◎そ・・・

バレエのグランフェッテが上達する練習方法

不朽の名作バレエ「白鳥の湖」、「海賊」で見られる「グランフェッテ」は、数あるバレエテクニックの中でも最も華やかな大技の一つです。 しかし、これを習得するには動きのプロセスを良く理解することが必要です。 身体の動きや骨盤の・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ