幼児バレリーナのためのお家でも育ててあげたい運動能力

最近では幼稚園や保育園でも子供たちの身体能力の低下に危機感を覚え、体操の授業を取り入れるケースが増えてきたそうです。一方でバレエはというと、身体能力、運動能力が求められる世界です。そこで今回は「幼児バレリーナのために育ててあげたい運動能力」について考えてみたいと思います。



1.理想は最もシンプル、元気に外で遊ぼう!

バレエで求められる身体能力といえば、筋力と関節の可動範囲があげられますが、中でもインナーマッスルは踊りを踊る上で最も必要となります。

しかしだからと言ってまだまだ筋力トレーニングには適さない幼児バレリーナさん世代が
それらを鍛えるには、元気に外を駆け回って遊ぶことが一番のおススメです。

平地だけでなく、凸凹斜面を登ったり、段差を登ったり、飛び越えたりしながら、遊びを通して自然に鍛えられる筋肉をバレエの視点から見てみますと

インナーマッスルは勿論の事、心肺機能、足首やひざの関節、骨盤周辺の筋肉の強化、足底筋、ふくらはぎ、前後脛骨筋など、

バレエを踊っていく上で手に入れたいものばかりです。

最近では安全性の問題や、騒音問題、ご家庭ごとのライフスタイルなどから、日中に子供を安全に外で遊ばせることが難しい時代でもありますが、




わずかな時間でも、幼児バレリーナの筋力トレーニングもかねて公園遊びも積極的に行ってみてほしいと思います。



2.激しい運動が苦手なお子さんは生活の中で歩く習慣を

様々な理由で外遊びや走ることが困難であったり、年少さんや年中さんの幼児バレリーナさんにお勧めしたいインナーマッスルのトレーニング方法が、お散歩です。

お散歩もできれば毎日取り入れてほしいもので、公園などにお散歩に行くのも良いですし、

近所へのお買い物やちょっとした外出を利用してお散歩時間を確保するのも、毎日の継続に繋がっていくと思います。

勿論歩くことはインナーマッスルや脚力だけでなく、股関節をはじめとし、全身の筋肉や関節を無理な負荷なく育てますので、

スピードや距離も含めて、それぞれのペースに合わせて歩いて頂きたいと思います。

幼児クラスはバレエクラスの中でも年齢的な観点から、身体能力や理解力に差があるクラウスです。同じ年齢であっても出来ることが違うことも良くありますので、クラスメイトと比べずに、お散歩や外遊びをお子さんと一緒に楽しみながら行っていただきたいと思います。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ