幼児バレリーナのためのお家でも育ててあげたい音楽性

幼児バレリーナさんたちも大きくなるまで踊っていると、いつかで会う言葉に「音楽性」というのがあります。ご本人が言葉を理解するのはまだ先ですが、音楽性を習得するためのレッスンはすでに始まっています。 そこで「幼児バレリーナのためのお家でも育ててあげたい音楽性」について考えてみたいと思います。



1.そもそも音楽性とは何だろう

踊りにおける音楽性は、「身体が一つの楽器のように音楽を奏でているような動き」、

「その人の動きから音が聞こえてくるような動き」のようなものと捉えて頂けると良いと思いますが、

幼児バレリーナさんの理解力などを客観的に見た時、音楽性と繋がるのか疑問に感じられる方もいらっしゃると思います。

しかし、実は幼児バレリーナさんたちのほうが、大人バレリーナさんよりずっと音楽性が高いことが多いのです。

ポイントは先入観なく音が聞こえる耳と、音に対する反応力です。



2.アクセントに反応する力が音楽性ある動きに繋がっていく

小さい子供たちは男の子も女の子も、音楽に合わせて動くことが大好きな子たちが多いく、彼らの動きを見ていると

音楽の中のアクセントに良く反応し、音楽が作り出す雰囲気に従順です。

それは素直に音楽が聞こえている証拠でもあり、この素直な耳を育ててあげることが、幼児バレリーナにとってとても大切であり、




大きくなって音楽性のある踊りを踊る上でとても重要になってきます。

耳を鍛えるためには、リズムトレーニングでもご紹介したように、日ごろからいい音楽を聴かせてあげることが大切です。

また、そのためには、日ごろからなるべくテレビやゲーム機器などから、距離を取ってあげて欲しいと思います。



3.本物の楽器の音に触れる機会を持つ

音楽性を育てていく上で、もう一つおすすめしたいことは、出来るだけ本物の楽器の音に触れることです。

バレエを習っている幼児バレリーナはピアノやヴァイオリンを習っている子も多いようですが、本物の楽器の音を知ることも音楽性にはとても大切です。

今はあちこちで電子音が溢れ、なかなか本物の楽器の音に触れる機会がありませんが、クラシックバレエは本来オーケストラで踊る踊りでもありますので、

機会がある時にどんどん本物の楽器の音に触れさせてあげていただきたいと思います。

小さなお子さんがバレエを始めてられてから大人になるまでの間で、ここだけはご家族のサポートが必要だと実感することが、栄養管理と音楽の環境です。 
特に音楽の環境は効果が目に見えてわからないように、その環境が貧しいことも気が付きにくく、大きくなってから苦労するジュニアバレリーナも少なくありません。ぜひ今の時期からよい音楽に触れる環境を整えてあげて欲しいと思います。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ