幼児バレリーナのためのお家でも育てあげたいリズムトレーニング

バレエを習ったことがある人でもない人でも、「リズム感」という言葉を耳にされたことがあると思います、そこで今回は「幼児バレリーナのためのお家でも育ててあげたいリズムトレーニング」について、考えてみたいと思います。



1.幼児クラスはリズム感育成クラスでもある

幼児クラスと言っても、殆どのお教室で未就学児童の世代か、小学校2年生ぐらいまでを対象としています。

下は3歳から上は6歳から7歳までと考えると、子育て中の親御さんから見ても、その幅の大きさに改めて驚かれることもあると思います。

そんな幼児バレリーナさんたちが一緒に学ぶ幼児クラスでは、リズム感や反射神経を身に付ける時期でもあります。

そもそも子供たちは大人よりはるかにリズム感がありますが、リズム感は踊りを踊る上で最も大切な要素になりますので、

この時期に楽しみながら更に身に付けて行ってほしいと思います。



2.お家ではお稽古でしているリズム遊びをやってみる

幼稚園の年長さんや小学校に入っている幼児クラスのバレリーナは、先週のレッスンでやったことを覚えていられたり、

先生の言うことやルールなどを理解することも出来ますが、年少さんや年中さんはは、まだまだ理解するのは難しいことがあります。

そこで、ご家庭でもレッスンで行っているリズムトレーニングを一緒にされることをお薦めしたいと思います。




幼児クラスはまだレッスン回数も少ないですから、レッスン内容のお浚いにもなりますし、もちろんリズムトレーニングにも繋がります。



3.色々な音楽を聴かせてあげることも大切

早い時期から良質の音楽を聴かせてあげることは、幼児バレリーナさんのリズムトレーニングだけでなく、この先で求められる表現力や音楽性を育むうえでもとても大切です。

クラシックバレエはヨーロッパの文化ですから、当然西洋の楽曲で踊ることが殆どです。

しかし、今の日本では子供の頃からクラシック音楽に慣れる環境が整っていないのも事実です。

そこで、ご自宅で沢山の音楽を聴かせてあげ欲しいと思います。

バレエの楽曲に囚われず、クラシック音楽から世界の民族音楽やジャズなど、ヨーロッパ文化を主体とした音楽は、

バレエを踊っていく上で耳に入れておいてあげたいジャンルです。

まだ小さい子供たちは音楽について選べないので、ご両親が質の良い音楽を選んであげていただきたいと思います。

小さい子供たちは身体だけでなく、耳も脳のとても素直ですが、まだ自分で選別できないため、良いものであっても悪いものであってもそのまま頭や身体に入ってしまいます。 小さいお子さん達に最初に与えるものは、出来るだけ良いものを選んでいただきたいと思います。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ