小学校高学年バレリーナのメイクについて

バレエの魅力の一つはダンサーの綺麗な衣装やメイクともいえますが、子供たちの可愛らしいメイクにはいつも目尻が下がります。しかし年齢に合わせたメイクもいざやってみるとなかなか大変です。そこで「小学校高学年バレリーナのメイクについて」色々と、考えてみたいと思います。



1.小学校高学年は自分でメイクが出来るようになるための準備開始年齢

小学校高学年になるとお教室によって多少違いはあっても、少しずつメイクを始めていく年齢になります。

一般的には、発表会や勉強会の前に何度かお教室で先生がメイクレッスンをしてくださるケースが多いと思います。

当然一度で出来るようになることはまず不可能ですので、メイクレッスン会の時に先生がしてくださったお手本メイクをケータイなどの写真に残しておくことと、

自宅での復習を兼ねた練習をするのがおススメです。その際は写真に撮ったお手本メイクを見ながら挑戦されるといいと思います。

ご自宅での復習は舞台用の道具でなくて大丈夫ですので、特につけまつ毛の練習は苦手な方は何度でもやってみていただきたいと思います。

足りないものや練習に使うつけまつ毛は100円ショップやドラッグストアのものを利用するのもおすすめです。

そのほか、メイクの手順の確認や、リキッドアイラナーや、ビューラーなど、メイクをする際に沢山使用する、「道具」の扱い方を練習することも大切です。



2.敏感肌用メイク道具も増えています

バレエでメイクをするということは、舞台の上で汗や強い光にも耐え、より美しく見せるためのメイクをするということで、

下地からファンデーションやアイカラー、口紅まで、基本的に舞台専用のものを使います。

メイク道具一つにしてもお教室ごとに揃え方はまちまちで、スーターターセット的なものをお教室で購入できる場合や、




お教室に備品として用意しているメイク道具を、発表会や勉強会ではみんなで共有して使うなど、スタイルは様々です。

しかし、お子さんの若い肌にプロ仕様の道具を使うことにそもそも抵抗があったり、お肌のタイプが敏感肌のため、一般のメイク道具に不安のある方もいらっしゃると思います。

お教室が用意してくれるメイク道具が肌に合わないこともありますので、その場合はご自身に合ったものを個別で用意することになります。

有りがたいことに、最近では舞台メイクのメーカー側でも、子供さんでも使える敏感肌用商品を揃えているところも増えてきていますし、

一般のメイク道具でも舞台用に代用できるものも増えてきています。

但し注意しておきたいのは、メイク道具一つでもお教室のやり方、価値観がありますので、お教室の標準メイク道具以外のものを購入される際は、

先生にまずご相談されてから、購入されることをおすすめします。



3.メーカーのメイク講習会やメイク雑誌なども活用を

今では舞台メイクの道具を扱うほとんどのメーカーが、店頭などでメイク講習会を行っています。

詳細は各メーカーのHPなどに掲載れていますので、お教室のメイク講習会だけでは足りないと思われる方は、メーカーの講習会に参加してみるのもアイデアです。

そのほかにもバレエメイクテクニックのための本や、DVDなども発売されています。

メイクは綺麗に作り上げることが大切ですが、メイクオフはもっと大切と言われています。特に子供さんのお肌や敏感肌の方は十分に商品を選び、扱い方に気を付けていただきたいと思います。 
お肌の弱い方には舞台の上はなかなかハードな環境ですが、それを乗り越え、美しく舞っていただきたいと思います。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ