小学校低学年バレリーナのための食事コントロール~健康な骨と筋肉のために

体型にコンプレックスを持つ子、つまり、太りやすいとか太っている子は小学校3年生ごろには、もう自分の体形について意識し始める子が殆どです。 そこで今日は小学生でもできる具体的なダイエット方法について、「小学校低学年バレリーナのための食事コントロール~健康な骨と筋肉のために~」と題し、考えてみたいと思います。



1.食事は抜かない、そのかわりよく噛んで食べる

小学校低学年バレリーナに限らず、身体を動かしている人は(バレエだけでなくスポーツなども含めて)、ダイエットのために食事を抜くのは、まだ控えたいところです。

基本の五大栄養素を摂取すること、タンパク質は低カロリー高たんぱくの食品を意識すること、カルシムや鉄を不足させないことは、

強い筋肉や骨を作って行く上で大事にしたい注意点です。

それに加えて、ダイエットをしたい子供達にお勧めしたいことは、沢山噛むことです。

一般には一回で30回以上咀嚼が目標と言われますが、体重をコントロールしたい人は50回~80回ぐらいを挑戦していただきたいところなのです。

それは、よく噛むことで脳内ホルモンの「ヒスタミン」が分泌され、満腹中枢が満たされることに繋がります。

バレエにとっての理想の体型を手に入れるとき、どうしても食事の量は少なめになります。

少ない量の食事を少ない回数の咀嚼で食べてしまうと、当然空腹感が残りますので、咀嚼回数を増やし、満腹中枢を満たせるように挑戦してみていただきたいと思います。



2. ちゃんと疲れをとる

ちゃんと疲れをとることも、美しいボディラインを作るためには必要不可欠です。




殆どの小学生が健康で夜もたっぷり眠れていると思いますが、眠りが浅くなりがちなお子さんは、

連日レッスンがあったとしても、必要であれば休みを取り、たっぷり睡眠をとることが大切です。

そもそも、睡眠不足は肥満の原因の一つともいわれています。また、疲労した筋肉は乳酸が溜まっているため、筋肉太りを起こしやすくなります。

毎晩の睡眠をしっかりとること、レッスンの日はストレッチやマッサージ、クエン酸の摂取などを意識して、乳酸を溜めないようにケアするなどの工夫もまた、

怪我のない、美しいボディラインの身体を作ることに役立ちます。



3. なるべく食品から栄養をとることを心がける

今世間では、小学生からとれるサプリメントなども沢山出ていますが、この時期のお子さんには、食事を通して栄養バランスを整えてあげることを心がけたいところです。

ダイエットのことなどを考えると、どうしても太とるイメージのある「食事」をするより、サプリメントで摂取カロリーを減らしたい気持ちになりますが、

そもそも何が成長期なのかと考えたときに、身体を作る成長期であることを忘れないでいたいと思います。

人間の身体を作るために、最初から人間の機能として備わっている、咀嚼、唾液、消化吸収を経て、体の中に栄養が取りこまれていく、シンプルかつ合理的な機能を最大限に活用したいものです。

まずは日々の食生活から必要な栄養が取れるように心がけていただきたいと思います。

この時期はトウシューズを履く前の大事な時期です。強い骨と筋肉を作りながら、足首などの関節に負担をかけない、美しいボディラインを作っていくために、小さな努力から始めていただきたいと思います。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ