中学生バレリーナのための栄養管理

中学生になり多くの女の子たちが、最も意識するボディライン。しかしダイエットをする前に抑えておきたいのが、栄養管理。そこで「中学生バレリーナのための栄養管理」について考えてみたいと思います



1.中学生は鉄分不足に要注意

中学生になると殆どのバレリーナが周期的な月経がはじまっていますが、それは言い換えるとホルモンバランスの影響を受ける年代に入ったという言ことです。

中学生バレリーナの栄養管理で最初に気をつけて摂取したいものが、鉄分です。

バレリーナでなくても、女性はこの年代から鉄分不足の人が多く、貧血や倦怠感に悩まされている女性は少なくありません。

加えて中学生バレリーナのレッスン量や内容はとてもハードです。

レッスン中の貧血は殆どが鉄分不足によるものですので、レッスン中は水分補給を気を付けながら、日常生活での鉄分補給に気を付けてほしいと思います



2.疲労骨折防止のために「カルシウム」「タンパク質」「マグネシウム」

栄養管理の側面から次に気を付けてほしい栄養素が「カルシウム」「タンパク質」「マグネシウム」です。

これは怪我の防止を目的とするものですが、中でも疲労骨折は注意したい怪我の一つです。

疲労骨折は練習のしすぎであるオーバーワークや、筋肉と骨のバランスが悪いことなどが主な原因となり、10歳から高校生ぐらいのバレリーナに起きやすい怪我です。

特に中足骨や脛骨はバレリーナが疲労骨折しやすい場所ですが、つまり脛と足の甲のややつま先よりのあたり、トウシューズを履く世代はもっとも酷使する場所でもあります。

疲労骨折は痛みがあって腫れていてもレントゲンで異常が見つからないこともあるのと、繰り返しやすくもあるので、この点でも気を付けていただきたいと思います。




骨を強くするための栄養素と聞くと一番にカルシウムを思い浮かべますが、それだけでなく骨の材料となるタンパク質や

カルシウムと同じく骨を強くするリン酸マグネシウムを作るためのマグネシウムも、併せて取ってほしいと思います。

またこれらの栄養素は身長にも影響を与えるとされており、最近のバレエは身長が高いこともアドバンテージになりますので、積極的な摂取をお薦めします。



3.集中力を上げるためには炭水化物が必要

いつも体重やボディラインと向き合うことになるバレリーナ、そこに思春期の影響も加わってくると、当然ダイエットを意識されると思います。

今は糖質コントロールダイエットなどは主流で、実際に糖質コントロールをされている中学生バレリーナも多いと思います。

しかし、炭水化物、つまり糖質は、脳にとっての貴重な栄養素です。集中力を求められるバレエを踊るためには、

必要不可欠な栄養素であることはしっかり認識しておきたいものです。

中学生バレリーナのレッスンは、よりきめ細かいボディコントールや、アンシェヌマンを覚える記憶力、先生の注意に即座に反応していく反応力など、

集中力をもって脳を使う場面ばかりです。

集中力が持たなければ、レッスンは消化不良になりますし、怪我の要因にもなり兼ねません。糖質をコントロールすることは大切ですが、決して不足しないように、注意していただきと思います。

だいぶ大人になってきたと思える中学生ですが、栄養管理や健康管理はやはりご家族のサポートが最も必要で、重要に思います。 難しい年頃でもありますが、温かいご家族のサポートをお願いしたいと思います。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ