中学生バレリーナのためのアフターレッスンと疲労回復について

バレエ以外にも学校に塾と頑張っている中学生バレリーナたち。いくら若いと言っても疲れも溜まります。そこで「中学生バレリーナのためのアフターレッスンと疲労回復」について考えてみたいと思います



1.中学生バレリーナは大切にしてほしい良質な睡眠と成長ホルモン

一般的に中学生が対象のクラスはレッスン終了時間が遅いうえに、帰宅後も宿題などで寝るまでの時間を忙しく過ごしていると思います。

そんな成長期でありながら、多忙な中学生バレリーナに是非取っていただきたいのが、「良質な睡眠」と「成長ホルモン」です。

成長ホルモンは就寝後約一時間あたりから始まる、ノンレム睡眠に入った時に分泌されますが、

夜遅くに消化の悪い食事を取ると、それによって就寝中も内蔵が休めず成長ホルモン分泌の妨げとなります。

一般的に食事の消化は平均2時間から3時間と言われていますが、脂質を多く含む肉や揚げ物は消化に4時間から5時間かかるといわれていますので、

レッスン後に食べる食事は、なるべく消化の良いものにし、睡眠中に分泌される成長ホルモンを妨げないように気を付けてほしいと思います。



2.アミノ酸でバレリーナの持久力と疲労回復を手に入れる

疲労回復を効率よく行うには、レッスンの前後にちょっとした工夫をするのがおススメです。

その一つ目が、レッスン前のアミノ酸摂取です。アミノ酸の中でもBCAAというアミノ酸は、

9種類ある必須アミノ酸の中でも、特に筋肉のエネルギー源となる3つのアミノ酸のことで、
運動能力の向上(スタミナの持続)や

筋肉疲労の軽減(運動後の筋肉組織の回復促進)等に効果があるとされています。




BCAAは摂取後30分で効果のピークを迎えるとされていて、レッスン直前やレッスン中に取りたい場合はドリンクタイプのものがおススメです。

また、五大栄養素をクリアする献立を考えるときに、BCAAの含有量が高い食品も選択肢にいれてみることで、食事からもBCAAを取ることもできます。

最近ではインターネットや書籍などで、疲労回復のための栄養学の情報が取れますので、ぜひ活用していただきたいと思います。



3.クエン酸は一日数回に分けて取るのがコツ

一方で、レッスン後に摂取しておきたいのが「クエン酸」です。

以前は筋肉疲労の原因は乳酸と言われていましたが、現在は研究が進み、運動後の疲労は、

活性酸素による酸化ストレスで筋肉細胞がダメージを受け、修復が必要な状態と説明されるようになってきているそうです。

運動によってダメージを受けた細胞を修復するために、必要なエネルギー源を生成するためのサイクルを活性化するためにクエン酸が役立っているそうです。

何やら難しそうな匂いがプンプンしますが、疲労回復にクエン酸が有効であることは変わらないということですので、きちんと摂取していただきたいと思います。

その際気を付けておきたい事は、一日数回に分けて摂取すること、ビタミンBと一緒に摂取すること、糖質と一緒に摂取することです。

レッスン後の食事には、カロリーをオーバーしない範囲で五大栄養素を摂取しながらクエン酸の含まれる食品を一つ加えてみるのもおすすめです。

どんな場面でも良質な睡眠とバランスのとれた栄養摂取は、健康な身体を維持するためには外せないものです。
多忙な中学生バレリーナが健康で健やかにいられるよう、ご家族のサポートをお願いしたいと思います。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ