中学生バレリーナのための筋力トレーニング

中学生になり身体もだいぶ出来上がってきて、筋力トレーニングにも適した年齢になってきました、そこで「中学生バレリーナのための筋力トレーニング」について考えてみたいと思います。



1.中学生からは筋肉を鍛えてより強い軸をつくりましょう

中学生になると身体の成長の観点からも、筋力トレーニングを開始できる年齢になってきます。

上手く出来ないパがあったり、先生から言われた身体の使い方が、感覚的にわからない等という時がありますが、

それらの原因は、以外にもお尻やお腹の筋力不足が原因だったということは、割とよくあることなのです。

子供のうちはどうしても発達の関係で筋力が不足していますから、中学生からの筋力トレーニングで、踊りが変わる可能性がたっぷりあるのです。

特に踊る上で大切な、腹筋、殿筋(お尻の筋肉)、ハムストリング、内転筋、などは筋力が付くとコントロールがしやすくなり、ご自身が一番変化を実感されると思います。



2.バレエ教室で解されている筋トレクラスやストレッチクラスには積極的に参加を

中学生バレリーナが筋力トレーニングを行う際に気を付けていただきたいことは、正しい知識を持った指導者と行うことです。

また、どんなに「大丈夫」と言われても、筋力トレーニングで身体がムキムキになってしまうのではないかと心配されている方もいらっしゃると思います。




そこで、おすすめなのは、通われているバレエ教室で筋力トレーニングやストレッチクラスを開催されている場合は、そこに参加されることです。

指導者がバレエの先生なので、その筋力トレーニングをすることで身体がどうなるかは、先生をみればわかると思います。



3.バレリーナにはジャイロキネシスやピラティスも有効です

バレリーナのための筋力トレーニングといえば、ジャイロキネシスやピラティスもおすすめです。

ピラティスは既に広く認知されており、街の至る所にスタジオを見かけるようになりました。

ジャイロキネシスはピラティスほどの知名度はまだないかもしれませんが、こちらはよりダンサーにフォーカスした内容となっていて、

元プロバレリーナの方が専用スタジオを開設されたりと、バレリーナや各ジャンルのダンサーの方もトレーニングに取り入れられている一つです。

バレエに必要な筋力アップのほかに、柔軟性へのアプローチや、怪我をして現在レッスンに出られない方、

今までのレッスンで既に左右差などがあり、弱い部分を強化したい人などにもお薦めしたいトレーニングです。

プロバレリーナの身体特に背中は、その筋肉美に惚れ惚れしますが、と同時にバレエでいかに全身の筋力が必要かを再認識させられます。
今は沢山の良いプログラムが身近で受けられるようになってきていますので、バレエを踊るために耐えられる身体を作るためにも、楽しみながら積極的に筋力トレーニングを取り入れてみていただきたいと思います。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ