小学校低学年バレリーナの自宅で手伝ってあげたいストレッチ

幼児クラスの頃は軟体動物のようにグニャグニャに柔らかかった子供たちの身体も、成長に応じて徐々に柔軟性にも個人差が出てくるようになります。

そこで今回は「小学校低学年バレリーナの自宅で手伝ってあげたいストレッチ」について考えてみたいと思います。



1.レッスンの後のクールダウンをできるだけ習慣化しよう

小学校低学年を中心にしたクラスになると、ほとんどのお教室でレッスン時間が1時間を超えてきます。

レッスン内容も運動量もレベルアップするこの時期から、出来るだけ習慣化したいのが「レッスン後のクールダウンストレッチ」です。

筋肉の柔軟性を保つには、使った筋肉をなるべく早くほぐすことが重要になってきます。

そして、クールダウンストレッチをすることによって、ケガの防止や、疲労回復にも役立ちます。

しかし本来クールダウンは、運動後10分以内に行うことが理想とされていますが、バレエのレッスン後のお子さんたちが行うには、現実的に難しいものがあります。

そこで、レッスンの日の夜はご家庭で一緒にクールダウンストレッチの習慣をつけることをお薦めしたいと思います。

やり方は、お風呂でしっかり体を温めた後に、レッスンで使った筋肉を優しく伸ばすようにストレッチをするだけです。

ストレッチ個所は、太腿の前後や、ふくらはぎ、足首、股関節などを主に。ストレッチメニューは定番中の定番がおススメです。

インターネットには沢山のストレッチが紹介されていますし、お教室の先生にお尋ねするのもいいでしょう。出来そうなものから挑戦してみていただきたいと思います。



2.時間のある時はウォーキングとストレッチの合わせ技

お時間の取れるときは、親御さんも一緒にウォーキングとストレッチをセットで行うことをお薦めしたいと思います。




20分~30分程度のウォーキングで体を温めた後、バレエのレッスンでやっているストレッチのいくつかを選んで一緒にやってみます。

ポイントは先に歩いて体を温めること。その場合、走らないけれど汗ばむぐらいのスピードが理想です。

大人でもウォーキング後のストレッチは想像以上に身体が柔らかくなっていることが感じられると思います。

ウォーキングが有酸素運動であることは既にご存知だと思いますが、それに加えて、無理な負荷なく筋肉をつけ骨を強化するため、

小学校低学年のお子さんには、ストレッチ以外の目的でもお薦めです。

特にストレッチが苦手なお子さんや、特定の苦手なストレッチがあるお子さんは、少し長めの40分程度歩いた後に、ストレッチをすることをお薦めます。



3.バレリーナさんであっても痛いのを我慢してはいけないがストレッチ

小学校低学年のバレリーナさん達なだけに、これだけは絶対守っていただきことがあります。

それは、「痛いところまでやらない」「痛いのを我慢してまでやらない」です。

スプリッツがつかないなら、無理につけようとしないこと。

どんなストレッチでもそうですが、勢いをつけたり痛いのを我慢してやらないように、親御さんはしっかり注意して見てあげていただきたいと思います。

実は自宅でのストレッチは、「医者に行くほどでもないけど、やっぱり痛い」程度の怪我をする率が案外高いのです。

そういった小さな痛みが、想像以上にバレエのレッスンで障害になることが良くあります。

特に体が固いと言われるタイプの子は、バレエが好きだからこそ苦手を克服したいと頑張ってしまう傾向がありますので、

上手にセーブをかけてあげて欲しいと思います。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ