体重が重くても大人からバレエを始められる?

バレリーナといえば、細くて華奢で・・そんなイメージがありますよね。

「私は太っているから」という体重の理由で憧れのバレエをためらう大人の方がいましたら、まずは始めてみることをお勧めします。



1.体重が重くても大人バレエは楽しめる

そもそも、バレエとはトウシューズをはき、つま先で立って踊るものですので、体重が重いと負担にもなりやすく、大きなジャンプの着地などに危険という理由が、体重を軽くした方がいい理由だと考えられます。

では、痩せている人しかできないのかというと、そうではありません。

もちろん体重が体に負担になるのは避けたいことですが、まず大人の初心者のバレエクラスでは大きなジャンプも複雑ではありませんし、トウシューズはそれなりに基礎や筋力が付いてから講師と相談してはくことが一般的です。

筋力は続けていれば必ずついてきますし、筋力が付き定期的にバレエに通うことで自然と体重が落ちてくる大人の初心者さんは非常に多いんです。

太っている、体重が重いことを気にしていて、それでも特別な運動をしていない大人の方には、バレエはとてもおすすめです。

大人の初心者のレエクラスでは床のストレッチから始まり、バーにつかまってゆっくりな動きと軸の移動がメインであることがほとんどですし、体に負担になるような動きは出てきません。




綺麗な音楽にのって踊り、体の内側のインナーマッスルを鍛える動きであるバレエは、体重を気にする大人にとって素晴らしいエクササイズでもあるんです。



2.レオタードが恥ずかしい?

大人の体重を気にする方がバレエを遠慮してしまう理由に、レオタードがあるかと思います。

たしかに、慣れてくるまでは恥ずかしいのはやむを得ないと思います。理解できます。

そもそも、実は、レオタードである必要はありません!

もちろん技術の上達のためにはレオタードなど体の線が見える衣類の方が講師からの注意が的確になりますのでいいことは確かですが、スポーツクラブで汗を流すような服装でも十分バレエは練習できるのです。シューズだってくつしたで構いません。

初心者のクラスではストレッチのやり方やバレエの足や腕のポジションを覚えること、動きの流れに少しずつ慣れること、基本的な体の使い方を教えてもらうことがメインですから、服装はTシャツ、ハーフパンツ、靴下でも楽しめます。

最初の1か月か2か月くらいはそのような服装で続けてみて、少し上達してきたころには体重が減ってきていたりしますから、同じような大人のバレエを楽しむ方々を参考に、動きやすい服装を整えていくのがいいです。

上達するにつれて体重は減っていく人がほとんどですから、ぜひ気にせず大人のバレエを楽しんでくださいね。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ