大人のためのバレエの再開の仕方

「子供の頃、バレエを習っていた」という方は、女性ではかなりいらっしゃいます。

しかし、「受験や部活などが忙しくて、中学くらいでやめてしまった」という声も、同じくらいよく耳にします。

筆者の周囲も、子供の頃は沢山いたバレエ仲間の少女達が、大人になったらほとんど残っていなかったというのが現実です。

そんな元・バレエ少女達が、成長して大人になってからまたバレエに挑戦したくなった場合は、どのように再開すればいいのでしょうか。



1.大人のためのバレエ教室

バレエ経験のある方がブランクを経てバレエを再開させたい場合は、まずは自分に合った教室探しから始めることになります。

バレエ教室にも色々ありますが、大人のバレエクラスの充実している所を選ぶと良いでしょう。

大人のバレエクラスには、バレエ経験のある再開組や、子供の頃からバレエを続けている人、大人になってからバレエを始めた人などが混在していることが多いです。

そのため、子供のクラスやコンクールのための練習がメインで大人のクラスがあまり充実していないスタジオでは、バレエの経験があって再開させたい方には、物足りない場合もあるのです。




その点大人のためのクラスが充実している教室では、先生がレベルに合わせて柔軟に対応してくれたり、大人のクラスでも初心者から上級までクラスごとにレベルが分かれていて生徒が自分に合ったクラスを自由に受けられるところもあります。

いくつかのスタジオを見学したり、体験レッスンを受けたりして、自分に合った教室を探してみるのがお勧めです。



2.昔の感覚を取り戻すまで

さて、バレエのレッスンを再開しても、しばらくは昔のように身体が動かなかったり、昔はできていたことができなくなっていたりで、戸惑うことも多いでしょう。

頭では以前のようにできると思っていても、やはりブランクの期間が長くなればなるほど、筋力や柔軟性も落ちますし、感覚が鈍ってしまうこともあります。

ですが、バレエのレッスンは継続してこそ力になっていくものですので、焦りは禁物です。

例えブランクがあっても、バレエの経験のある方(特に子供の頃バレエを習っていた方)は、正しい立ち方や身体・顔の向き、音の取り方など、バレエに必要な基本が、頭で考えなくても感覚として身に付いています。

再開後のレッスンの頻度や、ブランクの期間、再開した時の年齢にもよりますが、再開後数年程度で以前の自分のバレエの感覚を取り戻す方が多いです。

ですから焦らずに、まずは正しいバレエの基本を1つ1つ確認しながらバレエと向き合い、また自分自身とも向き合っていくことが大切です。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ