大人のためのバレエ教室の選び方

昔は「子供(女の子)の習い事」という認識が強かったバレエですが、近年では大人からバレエを始める方も随分と増えました。

それも女性ばかりでなく、サラリーマンなどの男性でもバレエを習っているという方を見かけるようになってきました。

筆者の知人では、お嬢さんと一緒にバレエを始めて、お嬢さんがバレエをやめてしまった後もお父さんはバレエを続けている、という方がいます。

さて、そんな大人の皆さんのためのバレエ教室の選び方のポイントには、どういったものがあるのでしょうか。



1.バレエ教室の種類

色々な人がバレエを習うようになり、それに伴って色々な形態のバレエ教室が見られるようになってきました。

以前はバレエ教室と言えば、バレエの先生が自宅スタジオやレンタルスタジオなどで教えている所や、バレエ団附属の研究所などの「本格的なバレエ教育機関」が主流でした。

それが近年では、1レッスンごとに違う先生が教えに来て、生徒はレッスン料を1回ごとか回数券方式のチケットを購入して支払う「オープンクラス形式」のスタジオが増えてきました。

また、スポーツクラブなどでも趣味のバレエクラスが充実している所が増え、「バレエは敷居が高そう」と尻込みせずに、気軽にレッスンを受けられるようになりました。




中にはそういったスポーツクラブのバレエレッスンからバレエの魅力に取りつかれ、本格的なバレエ教室に入所する大人の方もいらっしゃるほどです。



2.大人のバレエ教室の選び方

これだけ色々な形態のバレエ教室が増えると、その選び方には頭を悩ませてしまう方も多いでしょう。

大人は子供と違い、職業も生活スタイルも様々ですので、それぞれが一番通いやすいと感じるスタジオを選ぶことが一番です。

そういった意味では、毎日複数の時間帯にレッスンを開講していて、チケット制で自由に受けられるスタジオは魅力的です。

また最近では、バレエの先生が個人で経営しているスタジオでも、生徒の仕事などの都合に合わせてレッスンの振替えが可能など、柔軟に対応してくれるところが増えています。

多くのスタジオでは「体験レッスン」を設けていますので、実際にレッスンを受けて、時間の都合だけでなくレッスンの内容やレベル、先生との相性などを見て決めるのが良いでしょう。

その他にバレエ教室の選び方のポイントとして重要なのが、「発表会の参加」についてです。

バレエの発表会は時間も費用もかかるので、大人は「どうしても舞台に立ちたい」という方と「発表会には出たくない」という方に分かれます。

そのスタジオの方針として「大人も発表会は全員参加」なのか「大人は自由参加」なのかを、入所前に確認しておきましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ