バレエの180度開脚が苦手な人のための練習方法

バレエ上達には、大腿骨を効果的に鍛え、アンドゥオールする必要があります。しっかりストレッチをしながら、バレエ必ず必要な筋肉を身につけてゆきましょう。

180度開脚が苦手でも、効率よく練習する事で、理想的な180度開脚に近づいてゆきます。徐々にしなやかで、均整のとれた、バレエに適した身体を身につけゆきましょう。



1.180°開脚練習

初心者だけでなく、バレエを学ぶ皆さんは、美しく開脚を180°行う為、ストレッチを行っていると思います。

是非、脚を開く事だけに意識を向けず、開脚に必要な脚や背中の筋肉、また、ヒップもしっかりとストレッチする事を心がけて下さい。

バレエは、美しく筋力やバランスを整える事により、しなやかさで生まれる舞踊です。

是非、科学的に開脚を180°行えるしなやかな身体を鍛えてゆきましょう。



2.180°開脚の準備練習

身体をしっかりとストレッチするだけで、開脚は変化して、センターレッスンで違いを感じられます。



1.最初のストレッチ

身体を温めたら、バーを持ち、アラベスクを行う要領で、後ろ脚を高く真っ直ぐ上げる練習を取り入れましょう。

最後には、両手を床につけ、床に垂直に脚を上げてゆきましょう。






2.バーを使ったストレッチのコツ

バーを使った180°開脚のストレッチは、脚が上がり始めたら、最後は胴体と顔をバーと反対に向けながら、しっかりとストレッチをして下さい。

大腿骨頭を外にねじる事で、開脚が行いやすくなります。



3.前開脚180°の練習

先ずは、ハムストリングスをストレッチしましょう。要領は、立ったまま、両手を床につけます。
次に、床に両スネをつけてみましょう。それから片脚の膝を上げ、前足の裏をペッタリつけて、太もものコンディションを確認しましょう。

このまま、両手をを床につけます。そして、前足を滑らせ真っ直ぐ伸ばします。

最後にゆっくりと、後ろ脚を伸ばしてゆきます。

必ず、徐々に床に近づいてゆく様に心がけましょう。

床についた開脚は、ストレッチを行い、勢いではなく、徐々に開く練習をしましょう。

特に寒い日は、筋肉を痛めやすいので、コンディショニングをしっかり行って、バレエ上達を目指し、美しい180°開脚を体得しましょう。

バレエは急がず、日々の鍛錬により、必ず上達します。焦らず、ゆっくりでも、バレエに適した身体を作り上げて下さいませ。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ