バレエで重要な足首の強化法

バレエの基本的な要素の中の1つが、つま先(足の甲)を伸ばすことです。

また、バレエにはルルベやポワントの状態でバランスを取る動きも多く存在します。

これらの動きを支えるのは、足首の強さです。

バレエで重要となる足首の強化のためには、どのような方法があるのでしょうか。



1.バットマンのエクササイズは丁寧に

バレエのレッスンの中で、足首を鍛える効果のあるエクササイズが「バットマン」です。

一言で「バットマン」と言っても、その種類は「バットマン・タンジュ」に始まり、「バットマン・デガジェ(ジュッテ)」「バットマン・フラッペ」「グラン・バットマン」など、多岐にわたります。

これほどまでに多くの「バットマン」が基礎のバーレッスンに取り入れられているということは、それだけこのエクササイズがバレエの中で重要であるからに他なりません。

一番基本の「バットマン・タンジュ」では、足の裏で床をこするようにして片足を滑り出させた先につま先と足の甲を伸ばし、同じように足の裏で床をこすって元のポジションに戻すという動きが求められます。

これを正しく行うと、最初は足の裏の筋肉の使いすぎでつりそうになるような感覚を覚えますが、そこまでしっかりと使ってこそエクササイズの効果があります。

足の裏の筋肉を強くすると、同時に足首をしっかりと支えられるようになっていきますので、足首の強化にも繋がります。




ルルベに立つ時も、バットマンと同じように足の裏の筋肉をしっかりと使い、高いルルベに立つことを心がけましょう。



2.更に足首を意識して鍛えるには

レッスンの中でも足首を鍛えることは可能ですが、更に意識的に鍛えていくには、レッスンとは別に足首のエクササイズも行いましょう。

自宅でもレッスン前でも手軽に行えるのが、ゴムバンドを使ったエクササイズです。

方法は、専用のゴムバンドを素足のつま先に掛けて、足の指を曲げ伸ばししたり、足首を回したりを、1セット10回ずつくらい繰り返します。

この時、ゴムバンドの抵抗を利用するのがコツです。

ゴムバンドの強度には色々ありますが、あまり弱すぎると効果がありませんし、かといって強すぎるとその抵抗をうまく利用することが難しくなるので、自分に合った強度の物を選ぶようにしましょう。

そして、ルルベで両手を離してバランスを取る練習も、足首の強化には非常に効果があります。

最初はグラグラしてしまいますが、足だけに頼るのではなく上体の引き上げも利用することで、しっかりとバランスが取れるようになっていき、高いルルベでバランスが取れるようになる頃には足首もかなり強くなっています。

こうして考えると、バレエの上達に必要な要素である足首の強化とは、それ単体ではなく、上体の引き上げや身体を真っ直ぐにすることとの連動で実現できるものであることが分かります。

バレエとは、どこか1ヵ所だけを強化すれば上達できるというものではないのです。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ