バレエコンクールの練習の量と休養

バレエのコンクール出場が決まった際、練習の量は大幅に増え、子供であっても週に6日、毎日夜11時過ぎまでリハーサルをするなんてこともよくあります。

練習はもちろんしなければなりませんが、疲労から怪我をしてしまっては元も子もありませんから、休養の取り方を覚えて、効率よく上達していきたいものです。



1.バレエのコンクール入選には練習しかない

バレエのコンクールに出場するということは同じように入選を狙い、沢山の練習を積んでいる人たちがライバルです。

中には一年以上同じ曲を踊り、すでに沢山のコンクールで場数を踏んできた強者と肩を並べ、そして評価されます。

それは血がにじむような努力があり、喜びや悲しみの涙を汗とともに流すことと思います。

後悔しないためにもとにかく練習をし、研鑽を積む以外には上達への道がないことは確かで、コンクールでなくとも、バレエでは当然のことです。

コンクールに出場できる人も一握り、スタジオによって規定はさまざまですが、選抜には最低週に3日〜4日以上定期的にきちんとレッスンしていて、さらに出場の際にはその練習量を増やしていくことが一般的です。

そうすることで、体力も精神力も実力も培われていきますが、体の小さい子供は特に、疲労骨折などにもつながりがちです。

そして、およそ疲れにより集中力が途切れた瞬間に、ねん挫などの怪我をしてしまうものです。

怪我があれば当然治るまでは踊ることができませんし、そうなることで踊るための体は後退してしまいます。

では、どのように体を休め、翌日のレッスンを上達に効率よいものにできるでしょうか。






2.休養と栄養

毎日のハードな練習は、体力も実力もつけていくことができますが、当然ですが同時に疲労も重ねていきます。

疲労骨折は子供の典型的なオーバーワークで、中学生くらいになると特にねん挫や肉離れ、アキレス腱炎、膝の脱臼なども出てきます。

まずは基本的なことですが、毎日遅くなってしまってもリハーサルの後体が温かいうちにストレッチをすることです。

使って疲労のたまっているところを念入りに伸ばし、軽くマッサージをします。

そして帰宅後は、浴槽にお湯をはり、ゆっくり浸かって、浮力で緊張した体をリラックスさせるのがいいです。

バレエのコンクールの練習は習い事のなかでも体にはかなりハードです。

緊張した筋肉をほぐし、リラックスすることで、睡眠も深くなり、何もしないよりも圧倒的に翌日に持ち越さずに済みます。

バレエはダイエットも合わせて取り組むことも多いので、コンクールの練習で時間が遅くなったりした場合に、帰宅後何も食べずに済ませていることも多いかと思いますが、できれば疲労した筋肉のために、たんぱく質の摂取をお勧めしたいです。

たんぱく質は筋肉だけではなく、骨の形成にも必要不可欠な栄養素ですから、睡眠時の吸収を効率よく取り入れたいものです。

現在では子供用のプロテインなども出ています。

鶏のささ身とブロッコリーを使った温かいスープなどをむことで、体も温まり、吸収効率の良いたんぱく質も摂れますのでお勧めです。

それでもあまりにも疲労がたまり、危ないと感じるときは、思い切ってリハーサルを休み、ゆっくり休むことも大切なことです。

いいコンディションで受けるレッスンこそが、一番沢山のことを吸収し、上達できるはずです。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ