アラベスクが上達するストレッチ | バレエが上達する練習方法

バレエ上達を目指すには、ストレッチを繰り返し、バレエに適した身体が必要です。

中でも、アラベスクの練習や、ストレッチのメソッドがたくさん存在します。

今回は、コツコツ伸びてゆく、アラベスク上達の為の練習方法をご紹介いたします。

バレリーナに相応しい身体があってこそ、美しいバレエのポーズが完成します。簡単です。

毎日、根気よく続けてみませんか?



1.アラベスク上達のストレッチのコツ

アラベスクを行う前は必ず、ウォームアップを行いましょう。

美しいアラベスク上達のポイントは、毎日ストレッチを取り入れる事です。

毎日のストレッチを頑張りましょう。



2.アラベスクの為のストレッチ

アラベスクは背筋力と腹筋が必要となります。そして柔軟性が大切です。



1.うつ伏せで行うストレッチ

うつ伏せになり、両腕をを身体の前につき、上体を起こしましょう。強くしなやかな背中作りの為、無理をせずストレッチして下さい。



2.バーを使ったストレッチ

両手でバーを持ち、床をしっかり押しながら、脚をローテートさせ、脚が高く上がる様に、徐々に後ろに上げましょう。

お尻と脚の付け根を上手くねじるコツを身につければ、脚が高く上がります。

片方、10回から30回連続して行って下さい。



3.うつ伏せで脚を開いたストレッチ

うつ伏せに寝ながら両脚を広げます。45°開くイメージです。




手は肩に当てながら、上体を起こすストレッチを繰り返して下さい。
次に、手をアンオーにして、上体を起こしてゆきます。ここからは、顔をつけ、アラベスクの腕のポジションを作ります。

また、うつ伏せとなり、これを繰り返して下さい。必ず、両側のストレッチをしましょう。

最後に膝を曲げて、うつ伏せのまま、足裏をくっつけ、肩に手を当てながら上体起こすストレッチを繰り返して下さい。



4.うつ伏せで脚を開いたストレッチ②

うつ伏せになり、脚を同じ要領で開きます。ここからは、足首を外側から持ち、ぐっと上体を起こし、頭が脚の間に入るくらいストレッチしましょう。

次に、足首を持ったまま、反対側の頭部側に足先がつく様、ローテートさせましょう。



4.アラベスクのストレッチにはパンシェの動きを取り入れましょう

ウォームアップができたらまたバーを持ち、アティチュードからアラベスク、そしてパンシェを行い、後ろに上がる脚をしっかりワークアウトしましょう。



5.難易度の高いストレッチ

脚を前後に開き、上体をら後ろに反らし、両手で後ろ足を持ちましょう。

毎日、コツ連続してストレッチを行う事て、美しいアラベスクを習得できるはずです。

可動域には、個人差がありますが、繰り返し練習を重ね、ストレッチをする事で、アラベスクは上達します。

頑張ってストレッチを日課にしてみて下さいませ。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ