バレエで大切な柔軟性を養うカエルストレッチのやり方

バレエを習い始めた大人の方が最初にぶつかる問題に「股関節が開かない」というのがあります。

プリエをすると両膝が前に向いてしまう・・・これも、股関節が開いていないのが主な原因です。

股関節の柔軟性がないためにバレエが上達しにくい。

そんな方々にお勧めの柔軟運動です。



◎その1:カエルの足

バレエの基本中の基本技術、プリエが何かの形に似ていませんか?

そう、実はカエルの足に似ていますね。

けれど、実際に鏡の前でやってみるといわゆる「膝カックン」状態になってしまい、なんともトホホで残念な出来栄えに・・・。

逆に膝を引っ込めようとしたら、今度はお尻が後ろに突出てしまったり・・・どうしても上手くいきません。

どうしたら美しいカエルの足になれるのか?

今回はそれについて考えてみましょう



◎その2:カエルストレッチに挑戦

ここでご紹介するのが床にうつぶせになってやる「カエルストレッチ」です。

うつぶせになることで、立っている時にはイマイチわかりにくい股関節の固さが判明します。

以下の動きをしてみましょう。

1.うつぶせに寝て顔を正面にむけて、両手をアゴの下で重ねましょう。

2.胸・お腹・股関節(※ワンピース型の水着を着た時に、布で覆われた箇所だと認識して下さい)が床から離れないように、ゆっくりと両膝をカエルの足のように折り曲げ、両方の爪先を合わせて下さい。(※太ももが床から浮き上がらないようにします)




☆この時折り曲げた膝から爪先までの部分が、床から離れていたら・・・それだけ股関節が固いということなのです。

3.胸・お腹・股関節・太ももが床から離れないように気を付けながら、膝から下の部分を床に押し付けるように、ゆっくりと押していきます。(※股関節に刺激がくるように)

☆これを毎日1分くらいの割合で力を加減しながらやってみましょう。

4.続けて今度は仰向けになって両手は横に広げ、背中、腰、お尻が浮いて、床との間に隙間がないか確認しながらまっすぐに寝て下さい。

5.背中、腰、お尻が床から浮かないように確認しながら、やはり両膝をカエルの足のように折り曲げ、両方の爪先合わせて床に下します。

☆この時折り曲げた膝から床まで距離があったら・・・それだけ股関節が固いということになります。

6.股関節を意識しながら両膝を広げるようにゆっくりと押していきます。(もちろん、絶対に床から背中、腰、お尻が浮かないようにする)

☆この動きも、毎日1分くらいの割合で力を加減しながらやってみましょう。

如何でしょうか。

カエルストレッチをやることで、股関節の固さを少しずつですがほぐしていくことができます。

ただしバレエ初心者の方にとって、やり過ぎは身体を痛める原因になってしまうので、力を調節しながら少しずつやっていきましょう。

のんびり、こつこつ焦らずに、そして毎日習慣づけてやることがバレエ上達への小さくて大きな一歩です。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ