アンドゥオールが上達するストレッチ | バレエが上達する練習方法

バレエ初心者にとって、アンドゥオールは理解するのに、講習を受けなければいけないほど難解です。

英語では、ワークアウトと呼ばれ、様々な練習方法が考案されています。

アンドゥオールは、バレエのパにおいて、大変重要です。科学的に骨組みを理解し、骨と骨をつなぐ関節を互い違いに回す事で、アンドゥオールは劇的に上達します。



1.アンドゥオールとは

フランス語でen dehorsは外側に、または、外側をさします。バレエでは基本、軸脚と逆足側に脚を開いたり、動かしたり、また回転さす事を表します。



2.アンドゥオールのストレッチに必要な事

人の日常的な動きは、前後に動く動作が多くがあります。バレエの様に、左右に動かす動作は、日常生活では頻繁にあらわれません。

したがって、アンドゥオールを上達さす為には、ストレッチを日常的に行い、骨の周りにある筋肉を鍛えてゆかねばなりません。



1.座ったストレッチ①

先ず、両脚を伸ばして床に座り、左足を右手で持ち、額に当たるくらい上げましょう。

反対側の脚は伸ばしたままフレックスにしてから伸ばして、同じ様に上げ、 また、フレックスにしてから伸ばして床に戻しましょう。

逆足も同様ににストレッチしましょう。



2.座ったストレッチ②

両脚を伸ばして床に座り、両脚の内側から手を入れ、それぞれの足先を持ちフレックスにします。




身体を前に倒し、しっかり足首と足の付け根をローテートさせましょう。

次に、同じ要領で、両脚の踵を持ち、フレックスにしたまま上げましょう。



3.座ったストレッチ③

先ず、座ったまま両脚を伸ばして、手を体より後ろに構え床について上体を支えます。

次に、フレックスのまま、膝の屈伸をしましょう。



3.背中を床につけたストレッチ

フレックスと、大腿骨を鍛えるには、幅広のトレーニングチュブを使うと上手くできます。

背中を下に寝ながら、両脚をフレックスに開く練習をしましょう。

足裏にチュブをそわせてフレックスにする際、少し負荷をかけるトレーニングが有効です。



3.フレックスと大腿骨のをローテートするコツ

足の付け根から踵に力が移行し、首から直線になる様にします。

フレックスは踵から突き出す様に力を込めましょう。

力を込めると言っても、必ずトレーニングもバレエ同様に力まず行って下さい。深呼吸も大切な事です。

足首と大腿骨のローテーションは同じく外側になりますが、膝は前に押し出すイメージでスパイラルを作る事で、強い脚が生まれ、アンドゥオールが可能になります。

中途半端なアンドゥオールは、脚が綺麗に上がっていません。

是非、日常的にアンドゥオールのストレッチを取り入れて、トレーニングを重ねてゆきましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ