アラベスクのポジション | バレエが上達する練習方法

バレエ初心者にとって、片脚を高く上げ、片手を前に伸ばすアラベスクのポーズは、バレエダンサーらしくなてきたと感じるはずです。

アラベスクのポジションをしっかり習得して、一歩先の上達を目指してゆきましょう。



1.アラベスクの脚のローテーションを確認

先ず、アラベスクの脚の動きは、デガジュ、後ろ脚を伸ばし、つま先を持ち上げます。

お尻をしめて、片脚を脚の付け根から後ろにあげてゆきましょう。最後に脚関節の骨を外側にローテートさせ開き、踵や甲を高く保ちましょう。



2.脚をローテートさすポイント

脚を高く上げた時、腰にヘコみのシワができるのは不完全な場合です。

正しい、アラベスクの脚は、太ももの上の脚の付け根にヘコみシワがが生じるはずです。

脚を上げながら、脚関節にヘコみシワができるのを確認しながら、しっかりと脚をローテートさせながら上げましょう。アラベスクの脚のポジションを、しっかりつかみましょう。



3.アラベスクの重心移動

首から背中をなだらかに保ちながら前足を曲げてゆき、前脚関節の内側の骨をローテートさせながら後ろに片脚を真っ直ぐ上げてゆきながら、真っ直ぐ高く立ちましょう。






4.アラベスクの腕のポジション確認

おへその前あたりから、アンナヴァンで準備し、両手を目の高さに、指を揃えて上げてみましょう。

顎を上げて、目線や指先は長く伸びるラインを描きましょう。

次は、左手を下げ、アラセゴンドに開きます。腕のポジションをしっかり、確認してみましょ。



5..アラベスクポジションのコツ

片手を目の前に伸ばし、顎を上げて遠くを見ながら、反対の手をアラセゴンドに開きます。それから、反対側の脚を高く上げるポジションが、バレエのアラベスクです。



1.腹筋を必要とします

身体の重心移動と共に、上から下、動脚に力が移行します。ちょうどおへそのあたりに力がかかります。このポジションを大切に、手足のポーズをつくります。



2.腕で胴体を支える

アラベスクは、両腕を上手く使い、ポジションをとります。

片脚を上げても、腕の使い方と胴部分の両脇を支えましょう。

アラベスク上達に大切な事は、少し前に重心が傾き、頭部にも負荷がかかる事を恐れないで挑戦する事です。

胸を開き、肩を後ろ側にローテートさせて、美しいアラベスクを体得してゆきましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ