アラベスクのポジションについて | バレエの上達法

アラベスクといってもたくさんの種類がありますよね。

基本的には基礎に忠実にすることは同じですが、見せ方にはやはり違いがあります。



1.バレエ基本のアラベスクのポジション

一般的にアラベスクとは、片足を上げて片手を前に出して背中を起こした姿勢のことを言います。

単体でポーズとしても使われますし、ターンやジャンプしながらや、プレパレーションなどにもなります。

基本はすべて同じです。

さらにそこから、大まかに分けて4つの形に番号が付いています。



1.第1アラベスク

第1アラベスクは、ポジションは客席に対して足はエファセ、軸足の手が前になる形で、バレエで最もよく出てくるアラベスクです。



2.第2アラベスク

第2アラベスクはポジションが客席に対して足はエファセ、上げてる足の方の手が前に出る形で、妖精など軽いバレエ雰囲気のバレエの踊りに入ることが多いようです。

その際、顔は正面につけることが多く、前か後ろに傾けて、雰囲気を作ったりします。



3.第3アラベスク

第3アラベスクはポジションは客席に対して足はクロワゼ、上げている足の方の手が前に出る形で、バレエの優雅な雰囲気が非常によく出るアラベスクです。

片手を高く上げアロンジェのポーズで顔を正面につけたり、豊かな表現が気持ちのいいアラベスクです。




クロワゼになるので客席から見える足のポジションが美しくないと、足が短く見えてしまいがちです。



4.第4アラベスク

第4アラベスクはポジションは客席に対して足はクロワゼ、軸足の手が前に出るバレエでは少し見せ方が特徴的なアラベスクです。

第3アラベスクまではデコルテの部分が強調されますが、第4アラベスクでは背中の要素が大きくなります。



2.アラベスク上達への道

アラベスクは様々な場面の感情表現に使われますよね。

第3アラベスクにするときにはそのアラベスクにした意図や意味が必ずあるはずで、そのイメージを自分の中に作ることで上達できます。

レッスンの際は基本を忠実にすることが原則ですが、バレエは動きではなく踊りです。

例えばジゼルの一幕、ジゼルのバリエーションのアラベスクと、ダイアナのアラベスクでは、同じものであっても意味は違ってきますよね。

可憐なのか、元気なのか、悲しいのか、嬉しいのか・・

そんなことを考えながら、レッスンでもアンシェヌマンに自分でストーリーを作り、少しだけニュアンスを足して踊ってみると、舞台での踊りに上達が見られてきます。

アラベスクはバレエのもっとも美しい形で、ポジションの正確さなどすべての要素を最大限に使う姿です。

踊りの質に直結してきますので、ぜひ美しいアラベスクができるようになりたいですよね。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ