バレエのアラベスクを今より高くする練習方法

バレエにおいて、アラベスクはロマンチックであり、憧れの強いポーズとなります。

手を前に伸ばしながら、足の甲が伸びて、踵が美しく高く保てると、柔らかな表情がでます。

視線や手の動きや、頭の位置とのバランスで、見え方が異なります。初心者はバーレッスンがですが、センターレッスンでは、身体能力だけで、身体を支えなくてはなりません。

しっかり練習を重ねて、バレエの上達を意識しながら、アラベスクの技術を伸ばしましょう。



1.アラベスクとは

フランス語でアラベスク・arabesqueとは、アラビアの飾り模様を指します。バレエでは、片脚で立ち、もう方の脚を後ろに上げるポーズです。日本語では、唐草模様となります。



2.アラベスク上達のコツ

バレエのアラベスクは大変美しく、脚を披露する見せ場です。しっかり練習をする事で、アラベスクは上達し、より高く脚を後方へ上げる事が可能になります。



1.脚のウォームアップの徹底

バーを持ち、ウォームアップを取り入れる事で、格段に、アラベスクの脚を高く上げる事が可能になります。少しずつ、脚を前後に振りながら可動域を広げ様に、丁寧に動かしてゆきましょう。

左右の脚、お尻、背中に至るまで、しっかりとコンディションを整えゆきましょう。



2.アラベスクをより高くするストレッチを取り入れる

次にバーに片手をかけ、反対側の脚を高くアティチュードします。




バーの反対側の手は、上げた脚の膝を持ち、足先を肩に向かって押すイメージです。

この時、お尻もしっかりと伸ばしましょう。



3.背中と首の筋肉の鍛え方

アラベスクは、脚を首から背中で引き上げなければなりません。

アラベスクを高くするのに有効な練習は、バーの前に背を向けて立ち、アティチュードの要領でバーに脚をのせます。

次に頭がつくくらい、首を後ろに反らしましょう。

必ず、最後にはバーから離れ、前背中をストレッチしながら、床に手をおき、反対側にも伸ばしましょう。

次に床に膝を付け、脚を上げたまま、壁に身体を寄せ、後頭部と足の裏をつけてストレッチしましょう。

それから、立ち上がり、バーを再び持ちます。

それから、左右後に10回ずつ、25度から45度程度上げる練習で、お尻の筋肉を動かします。

次にバーを持ち、頭を下げて、片脚を頭の位置と入れ替えるイメージで高く上に伸ばしましょう。



4.アラベスクを高くする最後の練習

最後にバーを持ち、アラベスクをしながら、勢いをつけてより高く、脚を動かしましょう。何度も脚に勢いをつけて頭側に倒します。

腕はしっかり、長い手を保ちましょう。

是非、バレエの上達に向けて、アラベスクをより高く上げる、練習を取り入れましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ