バレエのアラベスクのキープのコツと腰痛について

片足のみのバランスで立ち、もう片方の足を高く跳ね上げる技、「アラベスク」は数あるバレエ技術の中でも美しいですね。

でも、「キープできない」「足が上がらない」「腰痛が・・」など沢山の悲鳴が聞こえてきます。

「アラベスク」を上達させるにはどんなコツがあるのでしょうか。



◎その1:アラベスクとは?

「アラベスク」には、「アラビア風の」「唐草文様」という意味があり、その言葉に違わず美しい技です。

第1アラベスク、第2アラベスク、第3アラベスクなど、様々な種類のものがありますが、ここでは基本の「第1アラベスク」を取り上げていきましょう。



◎その2:バーで練習しよう

まずは鏡を正面に見ながら両手でバーをつかんで、1番ポジションで立ちましょう。

ここで、骨盤がきちんと正面(※この場合はバーと平行にする)を向いているかどうか確認しましょう。

きちんとした身体と足のポジションがバレエ上達の要となります。

ここから以下の動きになります。

1.左足を後方にゆっくりとタンジュさせる。(※爪先、膝裏までしっかりとのばす)

2.1で後ろにのばした左足を、真上に向かってアップさせる。(※膝裏が曲がらないように気をつける)

簡単に言えば、これだけです。

ですが、大抵の方がここで以下の失敗をしてしまいます。

☆足をアップさせる時に、本来正面に向いていなくてはいけない骨盤が歪んでしまう。

☆足が上がると、逆に上半身が前に倒れてしまう。

☆軸足(※この場合は左足)が曲がってしまう。

これではバランスがキープできないわけです。






◎その3:「引っ張り合い」が肝心

アラベスクのみならず、バレエの技はほぼ「片足」でおこなわれます。

普通に考えるとすぐにバランスがくずれる筈ですが、バレリーナ達は少しもブレません。

その理由は、手・足・上半身がそれぞれの方向に引っ張り合っていることで、身体全体を支えているからです。

アラベスクに当てはめて考えると

☆まっすぐ、「真上」に伸びている「上半身」

☆まっすぐ、「真下」に伸びている「軸足」(※この場合は右足)

☆まっすぐ、「後ろ」にのびている「片足」(※この場合は左足)

これらの、異なる3つの方向に引っ張り合うことで、バランスがとれる・・これがアラベスクキープのための最大のコツなのです。

さあ、コツもつかんだことですし、更に練習していくましょう。

バーにつかまってアラベスクができるようになったら、今度は両手を離してみて下さい。

まず右手は右肩から見て、斜め上にのばし

左手は左肩から見て、真横にのばします。

すると、前・横・後ろ・上・下に向かってお互いに引っ張り合い、キープすることが可能になる・・・と、いうわけです。



◎その4:身体にかかる負担

アラベスクはなかなかに大変な技術です。

上達への道として、「バーでアラベスクをして10秒間だけキープ」という練習を、左右の足でそれぞれやってみるのがお勧めです。

もちろん、初心者の方は特に腰に負担がかかってしまうかもしれません。

なのでレッスン終了後には、お風呂上りに筋肉痛用の塗り薬や湿布などで処置し、こまめに整体マッサージに通ってケアするのがベストと思われます。

焦らず、急がず、頑張っていくことが、バレエ上達への道です。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ