バレエのブリゼが上達する練習方法

バレエ用語「ブリゼ」はフランス語で「砕けた」という意味を持つ、空中で両足を打ち付けて着地する動きです。

ところが実際にやってみると、身体のバランスの方が砕けそう・・という方がほとんどではないでしょうか。

じっくり練習してみましょう。



◎その1:基本の前方向「ブリゼ」を練習してみよう

バレエ技術全般に言えますが、最初に正しい足のポジションで立つのが上達への鍵となります。

まず鏡を正面に見て、その正面に対して右45度の角度で、左足前の5番ポジションでクロワゼで立ちましょう。

股関節、両膝がきっちりそろっているか、上半身、膝裏が伸びているか確認して下さい。

次に、右手をアンナバン・左手をアラセゴンにします。

以下、次の動きになります

1.左右均等になるようにしっかりプリエする。

2.プリエをキープしたまま後ろ足である右足を1番ポジションを通過させて、前方向にアサンブレして跳ぶ。

3.跳んだらすぐに前に伸ばした右足を左足に打ち付け、再び後ろにいれて左足前の5番ポジションにする。

・・・と、なります。

☆①から③の動きの間、上半身の中心軸と手は絶対に動かさないために、両脇に力を込めると効果があります。

☆何度か練習したら、逆の足・逆の向きでも練習してみて下さい。






◎その2:後ろ方向「ブリゼ」を練習してみよう

「前」があるということは、「後ろ」もあるということです。

「前方向バージョン」と同じ足のポジションから始まるので、この場合も鏡を正面に見て、その正面に対して右45度の角度で、左足前の5番ポジションでクロワゼで立ちます。

手は、右手は身体に対して真横方面に(※右肩の延長ラインと思えば良い)伸ばし、左手は前方向(左肩に対して斜め上の延長ライン)に伸ばします。

この時点で両肩が上がりやすいので、「左肩」・「鎖骨」・「右肩」が真横に一直線になるように気を付けると修正しやすいです。

そこからは以下の動きになります。

1.左右均等になるようにしっかりプリエする。

2.プリエをキープしたまま前足である左足を1番ポジションを通過させて、後ろ方向にアサンブレして跳ぶ。

3.跳んだらすぐに右足を左足に打ち付け、再び後ろにいれて左足前の5番ポジションにする。

☆後ろ方向のブリゼの場合、重心全体が「先に後ろ方向にアサンブレして跳ぶ前足(※この場合は左足)」に引っ張られがちなので、「身体の中心軸が歪まず」に「真上に向かって跳ぶ」ように心がけて下さい。

☆何度か練習したら、逆の足・逆の向きでも練習してみて下さい。

・・・如何でしょうか。

かなり難しいですが、地道に練習することがブリゼ、及び、すべてのバレエ技術上達への一歩です。

頑張りましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ