ブリゼのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

初心者のバレエレッスンで徐々に慣れてきた際、直面する壁があります。個人の個性がありますので、イメージが重要です。

特に、クラシック音楽が多いバーレッスンやバレエのステップでは、上達するにつれて表現力が必要となり、難易度が高くなります。

また、ポーズのバランスを整えなければなりません。バレエ鑑賞も重要です。憧れのバレリーナを目指すなど、情熱を持って練習してはいかがでしょう。



1.ブリゼとは

バレエのジャンプや大きなステップは、見せ場として用いられる程、複雑な技巧を必要とします。

さて、皆さんもバレエ作品では必ず見た事があり、ステップにも多様される基本に、ブリゼがあります。そもそもブリゼとは、フランス語で『砕けた・壊れた・打ち砕かれた』を指します。空中で両手を大の字に広げ、身体の片側で両脚を打ち付けるジャンプです。

先ず、両脚の先を打ちつける、力強いジャンプが必要です。単純に脚を打つといっても、かなり難しいパです。アンナヴァンやアンナリエールがあり、交互に連続して行うブリゼ・ヴォレがあります。



1.最初の脚と腕

先ず、右脚後ろ5番のポジションで、クロワゼ。腕は右アンナヴァンで左をアラセゴンドで準備します。



2.脚⑴

右脚を1番ポジションを通り、エファセドゥヴァン、前の斜め45度からデガージェで片脚斜め45度の高さに脚を出し、ジュテをします。この時足の甲をしっかり伸ばしましょう。






3.脚⑵

左脚で跳び上がり、左脚を反対の右脚後ろに引き上げ、エファセ斜め45度5番のポジションで、アンレールで空中に脚を移動。そこから、空中で脚を入れ替え、右脚で着地します。


4.脚⑶

続けて左脚を前に引き寄せ、最初の5番のポジションのクロワゼでに戻ります。パはひとつひとつしっかり伸ばして、美しい長い脚をつくりましょう。上達するまで、バーを使ってポジションやジュテの練習を行って下さい。



2.ブリゼのコツ

美しく力強いブリゼは、跳躍と傾き加減が大切です。また、背骨が曲がらない様に、しっかりと意識をして移動しましょう。



1.視線

パだけではなく、背骨から首まで、ぐっと引き上げてゆきましょう。首をしっかり伸ばして、視線も丁寧に意識しましょう。作品や、表現として気を使いましょう。



2.足先を打つコツ

5番のポジションの後ろ側の脚をエファセ、ジュテでジャンプします。この後直ぐ、跳んだ脚をジュテした脚へ引き寄せなければなりません。力づよく蹴り足で、先に空中にある脚を打ち付けましょう。

物語の様に、少しイメージを意識して、憧れているバレエ作品をお手本にして、空中でのポーズを作りましょう。



3.着地

ブリゼの後、5番のドゥミプリエの時、少しアンナヴァンの手のひらを見る様に身体を傾けたりしますが、ドゥミプリエはしっかり、丁寧に行いましょう。お尻が出っ張ったりしない様、心がけましょう。



4.脚の交差

ブリゼは、5番のポジション、アンレールで脚を交差しなければいけません。大変難易度が高いですが、センターで踊る時もですが、誰よりも美しいジャンプやステップを意識して下さい。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ