エシャペが上達する方法 | バレエが上達する練習方法

バレエ初心者の方は、最初はステップを覚えるのが大変です。バレエに適した身体ができるまで、何度も練習を繰り返さなければなりません。

今回は初心者でも楽しい、跳ぶステップ、エシャペが上達する方法と、コツをご紹介いたします。

エシャペは体力も使いますので、大変やりがいもあります。楽しみながら覚えて、上達しましょう。



1.エシャペの練習

フランス語で『逃げる』を意味する、エシャペは様々なバリエーションに組み込まれています。

エシャペの上達には、膝をしっかりドゥミ・プリエし、両脚で踏切、踵を前にし、真っ直ぐ立つ事が重要です。他のステップと連続してよく使われます。

先ずは、完璧に脚の使い方をしっかり覚えましょう



1.脚使い

エシャペはジャンプのひとつですが、初心者のレッスンでは実はあまり飛ばないで練習します。

練習では、脚を滑らす感覚を身につけましょう。内腿を締め、お尻が開いたり、前のめりにならない様、重心に気をつけましょう。



2.体重・重心

真っ直ぐ首を伸ばし、両脚の真ん中に重心をおきます。ドュミプリエは、必ず重心を両脚の中心におきましょう。



2.エシャペのコツ

エシャペは、足首を丁寧に使う事が重要です。また、お尻を開かない様、真っ直ぐと、伸びやかに上にジャンプするイメージです。

5番のポジションで準備後は、しっかりドゥミプリエをし、上に伸び上がり、着地します。着地の際は、爪先で立つまで、脚の甲をしっかり伸ばし、長い脚を作りましょう。




シャンジュマンとは違い、厳密には上に跳ぶというより、足先を滑らせる感じです。

ジャンプを入れるエシャペソテ、プティエシャペや、グランエシャペの様に、ジャンプの大きさの違いがあります。また、空中で脚を入れかえるエシャペシャンジェ等があります。

基本は同じですので、最初はバーを使って練習しましょう。



3.エシャペと体力づくり

エシャペは、重心軸を強くしなければ上達できません。パッセやアラベスクが上手くできる身体になる様に、重心のバランスをしっかりと整えましょう。

また、何度も連動で練習する事が多いのが、エシャペです。バリエーションでは、爪先で立つ事は見せ場になる事が多いです。どんなに息切れしても、表情に乱れが出ない様、音楽やステップにイメージ力をプラスして表情をつけましょう。

ステップは決まりがあります。しかし、作品や音楽が変わればイメージが違ってくるはずです。

どんな気持ちの込め方で、片腕を上げるのか?

首の位置を正す時の表情は?

例えれは、、操り人形の表情と動きの連動のさじ加減の様な感じでしょうか?バレエは解釈だけでなく、インスピレーションやイマジネーションを最大に引き出し、表現する舞踊でもあります。

しっかり、ステップを覚えて、自己解釈で手足を動かし始めると、楽しさもアップします。ゆくゆくは、バリエーションを覚え、衣装を纏い、トゥシューズで踊ってみたいと夢見るはずです。

作品の場合は、シナリオがありますが、バーの練習でも気持ちを込めて、丁寧に指先や爪先まで意識してみましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ