カブリオルのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエは、跳躍力も見所です。初心者の方はプリエの練習を何度も行うはずです。脚全体をバネの様に操る事で、見事な跳躍が可能となります。

バレエの上達の為、先ずは跳躍力を身につけるながら、しなやかなステップを身につけましょう。

毎日のレッスンでは、先ずは真っ直ぐ上に跳び上がる事から始まり、ステップで一方向へ移動しながらの大きなジャンプと様々です。

バレエのジャンプの為のパを、正しく覚えて行きましょう。



1.カブリオルとは

フランス語で、とんでも無く跳び上がるなどの意味があります。空中で脚を打ち付けるパです。

因みに馬のトレーニングでは、足を後ろに隠す様にしながら、身長と同じくらに跳び上がるという技があります。



2.カブリオルの男女の違い

カブリオルは女性と男性では見せ方が、かなり異なります。

先ず、女性はロマンチックなパになります。

また、男性はダイナミックに、身体を後ろに反らしたり、ターンを入れる事で、文字通りカブリオルとなります。






3.カブリオルのコツ

ジャンプはただ飛ぶのでは無く、観客に脚を見せるという見所があります。



1.カブリオル女性編

バレエにおいて、女性のロマンチックな動きやモダンな動作は創造性や独創性を感じます。

手首の角度や、首の角度、視線でしっかりと表現してゆきましょう。

バレエの上達は、表情豊かに踊れる様になる事です。



2.カブリオル男性編

男性のカブリオルは、独創的であり、ロマンチックな表現が可能です。

力強く息をひそめ、身体をターンさせる事で、より高く身体を保つ事が可能です。

また、首を後ろに反らす事で脚をより高く上げられます。結果として、空中で脚を打ち付ける回数が多くなる可能性が生まれます。

トリプルカブリオルなど、舞踏家の資質で、見せ方の可能は大きく異なるのが魅力です。

カブリオルは、踊ってみても、舞台をみても楽しいです。是非、練習に励んで、得意な事を増やしてゆきましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ