バレエのシソンヌ上達のコツ

「眠れる森の美女」など、様々なバレエのシーンでよく見られる技です。

「シソンヌ伯爵が考案した技だから」「フランス語の『ハサミ』(ciseaux)が変化した言葉」など、その語源には諸説ありますが、バレエの中でも実に優雅で美しい跳躍です。

まずは上達へのコツをつかみましょう。



◎その1:「シソンヌ」の種類

「シソンヌ」には「シソンヌ・フェルメ」、「シソンヌ・サンプル」、「シソンヌ・ウーヴェルト」等がありますが、いずれも「5番ポジションから両足で踏み切って跳ぶ」→「片足が先に着地する」という共通点があります。

今回は基本の「シソンヌ・フェルメ」を練習します。

「シソンヌ・フェルメ」には「前」「後ろ」「横」の3方向バージョンがありますが、方向は違えど「5番ポジションから両足で踏み切って跳ぶ」→「片足が先に着地する」→「片足着地後、すぐにもう片方の足を5番ポジションに引き寄せる」というのが主な動きです。

以下の動きになります。



◎その2:「シソンヌ・フェルメ」前バージョン

1.正面に対して右に45度の角度で、右足前5番ポジションで立つ。

2.自分の身体に対して前方に向かって、右手を右肩の斜め延長ラインに、左手を真横に伸ばす。

3.身体の中心軸と骨盤が歪まないように左右対称にプリエをし、右足を前・左足を後ろに「同時に開いて」前に跳ぶ




4.右足がプリエをしながら先に着地し、一瞬「アラベスク」の形を見せたらすぐに左足を右足に引き寄せて5番ポジションに入る。



◎その3:「シソンヌ・フェルメ」後ろバージョン

1.「前バージョン」と同じ、正面に対して右に45度の角度で、右足前5番ポジションで立つ

2.上半身から上の部分は正面に向かってねじり、左手はアンオー、右手はアラセゴンにする。

3.身体の中心軸と骨盤が歪まないように左右対称にプリエをし、右足を前に上げながら軸足となる左足は真上に向かって跳び、同時に身体全体を後方に移動させる。

4.左足が先にプリエをしながら着地したら、すぐに右足を引き寄せて5番ポジションにいれる。



◎その4:「シソンヌ・フェルメ」横バージョン

1.正面を向いて、右足前5番ポジションで立つ。

2.左手をアンバー、右手をデュミスゴンドにする。

3.身体の中心軸と骨盤が歪まないように左右対称にプリエをし、右足を右に、左足を左に「同時に開きながら」右方向(横)に跳ぶ。

4.右足が先にプリエしながら着地したら、すぐに左足を引き寄せて5番ポジションの前にいれる。

・・・以上になります。

前・後ろ・横のどの方向でも、跳んだ後、すぐに片足を軸足のほうに引き寄せるのが重要なコツですね。

何回も練習して、慣れたら左足前5番ポジションから逆バージョンもやってみましょう。

何度も繰り返し練習することこそ、バレエ上達の最大のコツなのです。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ