バレエのアッサンブレが上達する練習方法

アッサンブレは、バレエの基礎レッスンや、舞台で踊られる作品の中に多く登場するパの1つです。

初心者のクラスでも頻繁に取り入れられていますが、上達に繋がるポイントを意識することで、動きがぐっと変わってきます。



1.出す方の脚はタンジュとデガジェを通る

アッサンブレは、片脚を横に蹴り出しながらもう一方の脚で跳んで、両足で着地するパです。

この時の蹴り出す方の脚を、何となく横に放り出していませんか?

実はこのアッサンブレは、バレエの基礎に忠実に行うことが必要とされるパなのです。

アッサンブレで横に出す脚は、バーレッスンの最初の方で行われる「バットマン・タンジュ」「デガジェ」を必ず通って出します。

「タンジュ」は脚の裏で床をこすりながら滑らせてその先につま先を伸ばす動きで、「デガジェ」は「タンジュ」のつま先が更に先へ伸びるためにつま先が床から離れる動きです。

アッサンブレはセンターレッスンの中でも比較的テンポの速い曲で練習することが多いのですが、早いテンポになるとどうしても、基礎がおろそかになりがちです。

基本に忠実に練習を行うことこそ、バレエの上達への近道なのです。



2.軸足はしっかり床を踏んだドゥミ・プリエで

前の項目では上げる脚についての説明をしましたが、今度はアッサンブレの軸足についてのポイントを説明しましょう。

アッサンブレは「跳ぶ動き」です。

他の跳ぶパにも共通していることですが、跳ぶために必要なのは「プリエ」です。

しっかりと床を踏むことが、ジャンプの原動力となるのです。




この時のプリエの踵が早く床から離れすぎてしまうと、十分な原動力にならない上、上がっている脚が曲がって見え、スッキリしないアッサンブレになってしまいます。

ジャンプの前のプリエを踵を床に付けたままで深く踏むことは、殊にアキレス腱が短くて踵を付けたまましゃがめない人にはなかなか難しいことですが、優秀なプロのバレリーナやバレエ教師の中にもアキレス腱の短い人はいますし、そこで妥協してはならないのがバレエの練習です。

「アキレス腱が短い=バレエに向いていない」ということではなく、いかに意識して身体を使ってレッスンするかが、上達のカギなのです。

ですから、自分の習っている先生がジャンプの前に踵が早く上がっているからと「先生はジャンプの前は踵を上げてプリエをするんですか~?」と嫌味も込めて突っ込みを入れるのではなく、正しいやり方と意識するポイントを質問して欲しいのです。



3.アッサンブレの着地は「集める」

最後に、「アッサンブレ」とは「集める」という意味です。

その言葉の通り、アッサンブレで跳んだ後は、両足を1本に「集めて」、両足で着地します。

この時、空中で5番ポジションになってから着地するか、着地の時に5番になればいいのかは、その場でのアッサンブレと移動を伴うアッサンブレでも違います。

一般的には、その場でのアッサンブレは着地で5番になり、移動するアッサンブレ(グラン・アッサンブレと呼ぶこともあります)は空中で5番になってから着地しますが、どちらにも共通することは、必ず両足で着地することです。

アッサンブレは横だけでなく前や後ろに脚を出して行われることもありますが、特に後ろに脚を出すアッサンブレは、後ろは直接目で見えない分、より一層の注意が必要です。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ