デブロッペのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエ初心者は、パの動きをたくさん覚えると同時に、正確に体得しなければいけません。しなやかな筋肉はバレエの動きに適したものです。

基本的にバレエのパの動きは勢いではなく、ゆっくりと力を入れ過ぎない様に意識しながら、脚を動かしてゆきましょう。

今回は膝を曲げない。美しい長い脚のパのである、デブロッペをご紹介いたします。



1.デブロッペとは

デブロッペとは、曲げない事、広げるを意味します。パの基本です。柔らかく膝を曲げない様に、前横後ろに、長く広げてゆくイメージです。



2.デブロッペのコツ

基本的なパの動きです。パの上達の為には、バーレッスンから丁寧に行いましょう。膝を伸ばす時は、脚の指先まで、腰からつながる様に、長く伸ばしましょう。

コツは、足首も最後には柔軟に伸ばしましょう。



1.4番から準備するパの動き

ポジション4番で立ちます。足首を覆う様に、軸足後ろから撫でる様に、足首を通ってパッセをします。






2.デブロッペ

パッセから脚を前に伸ばします。必ず勢いで動かさない事が、デブロッペ上達に向けて肝心です。

横も後ろも動作は同様です。ぐらつかない様に、丁寧に内腿、お尻の付け根から持ち上げましょう。

首を長く、手を長く見える様にしながら、脚をしっかりと持ち上げましょう。



2.脚の動かし方

パッセから、少し捻り、踵を下さない様、足先までゆっくりと、伸ばしてゆきましょう。

膝が伸びたら、踵を下げない様に、最後に足首を伸ばしましょう。

腕は、脚を上げる側の手を上に伸ばします。また、軸足は真っ直ぐに保ちながら、脚を伸ばしてゆきましょう。

脚を戻す時は、タンジュから足をクロスして戻しましょう。

横に上げる時は、膝から高くあげます。決して、勢よく、足先から上げない様、心がけて下さい。

最後に後ろは、パッセからアラベスクになり、手を前に長く伸ばしましょう。

デブロッペはバレエに必要なパの基本的な動きとなります。お尻の付け根から内腿、膝から足首、ゆっくりと丁寧に動作を行いましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ