デガジュのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

初心者のバレエレッスンは、毎回難しい名前を覚えるだけでなく、レッスン毎に上達しなくてはいけません。バーレッスンに少し慣れてくると、所謂小手先だけのパの練習をしがちです。

バーレッスンは、バーに軽く手を添える程度にしましょう。足首をフレックスにしたり、タンジュ、全ては脚の付け根から動作を行わなければいけません。



1.デガジュとは

パの一種ですが、フランス語の『開放する・引き離す』を意味します。床から空中に浮かすパの動作です。軸脚から片脚を前後、45度、横に脚を離して、アン・レールをします。

デガジュの脚運びは、一見楽そうにも見えます。しかし、本来は内腿でしっかり引き上げ、脚の付け根から遠くに離して行かなければいけません。バレエは見ていると美しいポーズばかりですが、鍛えられた身体があるからこそです。

バーレッスンでは、丁寧に練習して、美しい筋肉とポーズを体得しましょう。



2.デガジュのコツ

デガジュは、バーレッスンでじっくり練習する必要が有る、バレエの基本のパです。

デガジュの上達を目指すには、膝を伸ばす事、足の甲を見せる事、腰を高く、出す脚に身体がひきづられない様、気をつけましょう。




床から離す時も、戻す時も勢いで行わず、内腿や脚の付け根で動かすイメージです。丁寧なデガジュを心がけましょう。



3.デガジュの説明

デガジュはアン・レール45度の高さに脚を出します。腰を平行に保ち、前後左右に脚を上げ、タンジュをして戻ります。

足首の動かし方も重要です。5番からしっかり足の甲を伸ばして、45度の高さまで持ち上げましょう。



1.デガジュの流れ

5番のポジションで準備。
左軸足から離して、右足前タンジュをします。
出した脚を滑らす様に、戻します。
左軸足から離して、右足アラセゴンド横にタンジュ。
後ろはアラベスク、タンジュで戻す。



2.高さに

基本、デガジュの高さは、前、左右45度程度です。後ろはアラベスクになります。



3.バランス

手をアラセゴンドにするのが基本です。しっかりと腹筋を使って、真っ直ぐな姿勢を保ちましょう。

腰を安定させ、グラグラしない様、注意して下さい。

デガジュはバーレッスンでも、意識して行えば美しく脚を動かせるはずです。

45度の高さに美しく脚を持ち上げ、同じ力で5番ポジションに戻しましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ