パクリュのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

最初、バレエ初心者はターンやジャンプが始まると、慣れるまで大変です。

見て覚えたり、科学的に分析したり、バレエの頭が出来るまで大変な毎日です。

バレエのパは移動することで、舞台の上で作品を生かす役割があると言えます。

古典ロマンティックなバレエ作品に見られるキャラクターには、鳥・お姫様・妖精などがあります。独特のバレエの表現を覚えて、バレエの上達を目指しましょう。



1.パクリュとは

パクリュ・pas couruフランス語『走る』を意味するcouruから成り立ています。

バレエの大きなパの前の移動の事です。つま先で、小刻みに素早く移動したりする際に使われますが、大変幻想的・ファンタジックな動きが生まれます。



2.パクリュのポイント

つま先で、移動するのは練習が必要です。パクリュのバーを使った練習は大変集中力が入ります。

実はセンターで踊る時も同じ位、丁寧に行わなければいけません。

ただ走るのではなく、まるで走るが如く素早くバレエパの間に、バレエの美しく脚の動きで、大きく移動しましょう。






1.パクリュ上達の練習

脚の踵を高く保つ練習が役立ちます。バレエの見せ場である脚の甲を出して移動する事を心がけましょう。

足の裏のマッサージをしっかり行うと、足の甲が出やすくなり、怪我もしにくくなります。

パクリュでの移動は、必ず足の付け根から脚を動かしてゆきましょう。



2.パクリュと情緒感

舞踊であるバレエの動きには意味があり、ストリーを表現します。

情緒感を観客に表すには、動きにアクセントをつけ、違いを大きく表さなくてはなりません。

人間とは違う動きでのパクリュや、大きなパのつなぎのパクリュ。分析力を持って作品と向き合ってゆきましょう。



3.パクリュに必要な事

パクリュは大きく、素早く移動する事です。美しくバレエの脚で、まるで観客を自分に惹きつけるつもりで、雰囲気を出してゆきましょう。

バレエは舞踊です。観客を魅了するバレエダンサーを目指して、バレエの技術を上達させましょう。

どうか、気持ちを込めて、動作を大切にしましょう。また、一足一足丁寧に移動する、パクリュを目指して下さいませ。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ