バレエのピケが上達する練習方法

「ピケ」とは、「突き刺す・突き刺した」という意味のフランス語で、英語では「pricked」です。

その名の通り、つま先を床に突き刺すように立つバレエのパのことで、様々な動きと組み合わせられて使われます。



1.膝を曲げずに突き刺す

「ピケ」というパは、軸足でドゥミ・プリエをしながら反対の足を出し、出した足のつま先を床に突き刺すようにしてポワントやドゥミ・ポワント(バレエシューズで言うルルベの状態)に立つことです。

これだけが単体で使われるというよりは、他のパと組み合わせられて使われることが多く、レッスンで「ピケ」といった場合は大抵が他のパと組み合わされています。

例えば「ピケ・アラベスク」「ピケ・ターン」などは、比較的初心者のためのバレエレッスンの中でも使われることがあります。

ピケで最も大切な事は、出した足の膝を曲げないことです。

膝が曲がると「突き刺す」ことができなくなってしまいます。

「突き刺す」には、まっすぐで鋭い先端が必要で、そのためには途中の部分である膝はまっすぐに保つことが大切です。



2.遠くへ立つ

前項の「膝を伸ばす」ということは、出した足についてのポイントでしたが、軸足についても大切なポイントがあります。

それは「遠くへ立つ」ということです。

軸足でドゥミ・プリエをしたら、その足で出した足を前へ押し出すようにして、つま先に立ちます。




出した足を近くについて近くへ戻ってきてしまうピケをすると、「ピケ・ターン」などの進んでいくパでいつまでたっても前へ進めないことになります。

ただし、いくら「遠くへ突き刺して立つ」と言っても、軸足をドゥミ・プリエにしてから跳んで出した足に立つのは、「ピケ・エランセ」という別のパになります。



3.ピケをしながら回る「ピケ・ターン」

「ピケ」をしながら、回転して、更に前へ進んでいくというパもあります。

動きそのままに「ピケ・ターン」と呼ばれることもありますし、これを略して「ピケ」と呼ばれることもあります。

右の方向に向かってピケ・ターンをする場合は、まず右肩が進行方向に向くように立ち、左足でドゥミ・プリエをして右足を進行方向へ押し出し、今度はその右足を軸足にしたパッセに立つと同時に右回りに1回転してから左足でドゥミ・プリエの最初のポーズに戻ります。

このパもピルエットと同じように、ダブルを入れることもあります。

上達のポイントは、回るパだけにピルエットと共通することが多いのですが、顔はギリギリまで進行方向に残し、左肩が進行方向に向いたらパッ!と切り返して右肩の上にあごが来るところまで持ってきて、また進行方向を見ます。

回るだけでなく進んでいくパでもあるので、進行方向へ出した方の足(今の説明では右足)を必ず一直線上に突き刺すようにすると、蛇行せずに真っ直ぐ進んでいけます。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ