プレパラシオンのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエを上達させるには、アームスと脚のポジションを体得しなければいけません。

しかし、単に、順番さえあって入れば、問題なく基礎力が上がって行くわけではないのです。

最初は真似でも、上達を感じる為には、雰囲気を身につけなければいけません。

単純な様で、意図を言葉無くして語る事は難しいものです。

先ずは、好きなバレエダンサーを見つけたり、気に入った作品の真似をしてみて下さい。



1.プレパラシオンとは

フランス語で『順番』を指す、プレパラシオンですが、パに入る前の準備です。



2.プレパラシオンでバリエーションをイメージ

プレパラシオンは、ポジションをセットして、パに移る準備を表します。

気持ちを整え、バリエーションをしっかり想定して、アクセントやアレンジを思考してみましょう。

パに移る一歩、腕や手、また首を動かす瞬間から、イメージ通り動いてみて下さいませ。



1.パ

バレエの脚は、多くの観客を魅了氏ます。プレパラシオンから最初の一歩がスタートした瞬間から、役になりきってみて下さい。

必ず、プレパラシオンからパに移る際、重心と頭の位置、視線に注意して、バリエーションの動きを見定めて進行方向を確認してみましょう。






2.視線

バレエ初心者はプレパラシオンからパに移動する時、床を見がちですが、進行方向をしっかりとみて下さい。

作品やバリエーションによっては脚を見るポーズもありますが、必ずパの動きを確認する様に、視線を落とさない事を意識がけをしましょう。



3.プレパラシオンのコツ

バレエは大変な運動力を必要とします。プレパラシオンではしっかりと、呼吸を整え、力まない動きを心がけましょう。

肩で息をしたりしていては、長いバリエーションを表現できません。

バレエ上達と共に、身体、代謝、呼吸においてもコントロールしてゆきましょう。



4.プレパラシオンのやり方

プレパラシオンは、身体の向きや腕の動きが静止しています。

パに移る瞬間は、花がほころぶ様に、また生命誕生の息吹の如く始まりを表現してみましょう。

プレパラシオンから喜び、悲しみ、怒り、出会いや別れを身体で表しましょう。

決して、ドキドキと緊張せず、動きたいイメージ完成させておきましょう。

体力アップ、柔軟で美しく脚を身につけながら、ダンスを楽しんで下さい。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ