バレエのルルベが上達する練習方法

バレエには、「背伸び」をするように踵を上げる動きが頻繁に登場します。

その中でも「ルルベ」は、初心者のレッスンの中にも必ず出てくる、基本的な動きです。

将来トゥシューズを履いて綺麗に立つためにも、ピルエットなどを綺麗にスムーズに回るためにも、ルルベで正しくしっかりと立つことは必要不可欠な練習です。



1.ルルベの練習はつま先の位置を変えずに

ルルベは、足の各ポジションから、つま先の位置を変えずに、踵だけを上げる動きです。

「5番ポジションでのルルベ」は、日本では「スースー」という別の立ち方と混同されている場合が多いです。

「スースー」はバレエシューズでもトゥシューズでも行われる立ち方ですが、両足で踏み切り、両足のつま先を重ねて両足の内側全体を引き寄せ、1本の脚になるようにして立ちます。

脚を1本に引き寄せることもバレエでは大切な練習ですが、ルルベの場合は5番からの場合も、1番や4番などの他のポジションからのルルベと全く同じようにつま先の位置は変えず、脚を引き寄せずに踵だけを引き上げるようにします。

各ポジションではターンアウトをして準備していた脚が、ルルベになった瞬間に膝が正面を向いた「内脚」になりやすいので、踵と脚全体の内側を前に出すようにと意識しながら練習しましょう。



2.指でしっかりと床を押す

ルルベは、土踏まずを引き上げ、指をしっかり折って立ちます。

この時、体重を5本の指に均等に乗せるようにします。




親指側や小指側に体重が偏った状態で立つと、うまくバランスが取れないばかりでなく、長期にわたりそのような立ち方を続けることによって外反母趾・内反小趾などの重大な足のトラブルの原因になることもあります。

そして、膝下から足の甲の部分までが、真っ直ぐになるくらい高いルルベをするようにします。

高いルルベにすると、見た目も美しいし、中途半端な低いルルベよりも脚への負担が軽減されます。

試しに、踵をほんの少し持ち上げただけの低いルルベに立ってみてください。

ふくらはぎやアキレス腱が、高いルルベの時よりパンパンに張って緊張してしまうのが、お分かり頂けるでしょう。



3.上体は、枝や葉を伸ばしていくように

5本の足の指でしっかりと床を押したら、上体は逆に上へ上へと伸びていくことを意識しましょう。

木が地中にしっかりと根を張り、幹や枝や葉を上へ上へと伸ばしていくようなイメージです。

そして、目線は高く保ち、自分の目の高さより若干上の遠くを見るようにしましょう。

こうすることで、足の接地面積が少ないルルベでも、バランスが取りやすくなります。

この姿勢の保ち方は、ルルベに限らず、バレエにおいては色々な練習の中で出てきます。

バレエが上達してトゥシューズを履くようになった時、姿勢の保ち方が不十分だと、脚に過剰な負担がかかってしまいます。

それを補うために別の場所の筋肉を使って、更に身体への負担がかかるということにもなりかねません。

正しく身体を使い、身体への負担はできるだけ少なくしながら、上達に繋がるレッスンをしていきましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ