ロワイヤルのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

初心者のバレエ上達には、バーレッスンが不可欠ですが、バーの役割は、身体を支える筋力をサポートするだけでなく、正しい姿勢や角度、パを身につける以外にも、大切です。

実は、ジャンプする時、床から離れて、脚の甲から脚の付け根まで、真っ直ぐ伸ばす練習のジャンプのバネのような感覚にも大切です。

バレエ上達には正しい姿勢で、ジャンプをしなければ、空中で脚を動かす事が不可能となります。

今回は、ジャンプを強化する、バーレッスンをご紹介いたします。



1.ロワイヤルとは

真っ直ぐ跳び上がるパに、ロワイヤルがあります。王様を表します。

真っ直ぐ上にジャンプして、脚の甲迄しっかり伸ばして、空中で足を打ち付け逆脚に変えて着地する跳躍です。



2.ロワイヤルのやり方

パであるロワイヤルは、アントルシャと同様に、空中で足を打ち付けます。着地する形や足の打ち付け方で名前がかわります。






1.準備

5番ポジションのアンバーで準備します。

上に引っ張られる感じで、姿勢真っ直ぐにして、両脚の間に身体の重心を置きます。

ドゥミプリエをして、高く上にジャンプします。



2.空中で足を打つ

ロワイヤルは、真っ直ぐ上にジャンプした状態で足を打ち付け、逆脚5番で着地します。



3.首

つま先、足首から首、頭のてっぺんまで、真っ直ぐ保つジャンプをしましょう。



2.ロワイヤルのポイント

比較的、高く跳ぶ事で、脚の打ち付けが楽になります。

何度ジャンプしても、バランスが崩れない姿勢を身につける必要があります。

ジャンプの苦手な方は、バーを軽く持って、真上に跳ぶ練習をしましょう。

センターでレッスンを行う時、バーレッスンで身につけたジャンプを行えば良いわけです。

バレエのジャンプの上達は、感覚を覚え、正しい姿勢をつねに保つ練習を心がけましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ