バレエのポールドブラが上達する練習方法

バレエにとって「ポールドブラ」つまり「腕の運び(動き)」は、脚のパと同じか場合によってはそれ以上に重要なものです。

どんなに素晴らしいテクニックを持ったダンサーでも、腕の動きが無機質だったら、まるで器械体操を見ているような印象を受けてしまうでしょう。

バレエの上達には、ポールドブラの上達は必要不可欠なのです。



1.ポールドブラのエクササイズ

それだけ重要なポールドブラですが、レッスンの中でポールドブラのみの練習を行っているスタジオは、あまり多くはないのが現状です。

限られた時間の中でポールドブラだけの練習を取り入れるというのは、確かになかなかできないことではありますが、できれば積極的に、十分に行っていきたいものです。

レッスンの中で「ポールドブラ」のエクササイズを行っているスタジオでは、バーレッスンとセンターレッスンの両方でそれぞれ行うこともあれば、どちらか片方のみに取り入れていることもあります。

バーレッスンで行う「ポールドブラ」は、他のバーレッスンのエクササイズと同様に、片手でバーにつかまって、足は1番または5番ポジションから始めます。

内容としては、アンバ、アンナバン、アラスゴンド、そこからもう一度アンバに戻って繰り返したり、アンバ、アンナバンに続いてアンオーから腕を開いてアラスゴンドと繰り返したり、更にはそれらをアンドゥダン、つまり逆の順番で繰り返したりします。




センターで練習する場合も同様に、アンバ、アンナバン、アンオー、アラスゴンドと繰り返したり、アンバ、アンナバン、アラスゴンドと繰り返したりします。



2.空気の抵抗を感じながら滑らかに

ポールドブラの練習での注意点は、ただ順番・形を追っているだけの動きにならないことです。

「ポールドブラは呼吸そのもの」と言った人もいますし、「ポールドブラは、水の中で腕を動かす気持ちになって」と言った人もいますが、水の抵抗と同じように空気の抵抗を感じながら、呼吸と一緒に動かしていくことが大切です。

動かしていく時は手先だけをひらひらさせるのではなく、まず肘が動き、次に手首、最後に手先の順番で、滑らかに動かします。

滑らかに動かしながらも、各ポジションを必ず通ることは忘れないようにしましょう。

こういったポールドブラをしっかりと身に付けておくと、レッスンの後半になってグラン・アッサンブレやグラン・パドゥシャの練習をする時に、自然とスムーズな腕の動きが付けられるようになります。

バレエにとって、足のステップがリズムなら、腕の動きはメロディーです。

滑らかな腕の運び(ポールドブラ)が上達すれば、足のパとの相互関係によって踊り全体が1つの「作品」となり、技術だけでなく、芸術性も磨かれていくのです。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ