アンファスのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエ初心者にとって、舞踊としての雰囲気作りは大変かと思います。

しかし、練習して考え、導き出す努力で、内なる自分を見つける事も、あるはずです。バレエの基本は美しい姿勢やポーズにあります。

バレエ上達のポイントは、バレエを好きになる事と、ステップやバリエーションの流れを分析し、感じを出す事が、重要です。雰囲気は、ポーズのしなやかさにも通じるはずです。



1.アンファスとは

フランス語で、『正面』という意味のEn faceですが、観客席に向かって身体を正面に向ける事を意味します。スタジオですと、鏡の方向です。



2.正面の姿勢

身体を正面に向けると、左右のバランスがしっかりしていないと美しくありません。首は長く保ちましょう。左右肩の位置にも気を付けましょう。



1.腕

腕がアンオーの場合、頭を両腕の真ん中に置きます。




片手だけ上げた状態の場合、逆脚を前足ダンジュとなると、首は少し上げた腕の方へ傾ける場合があります。



2.重心

両手アンオーの場合、首からお尻までストンと真っ直ぐになる様にします。決して、重心やバランスが後ろに抜けない様にしましょう。



3.アンファスのコツ

身体を正面に向けた時こそ、視線や頭の位置、首の角度、片脚の角度で表情がでます。

基本は、真っ直ぐ立ち、重心を真ん中に保つ事が第一です。

次に、バレエの上達とともに、表現力を身につけましょう。

アンファスの時こそ、観客から顔がよく見えるわけですから、口元に至るまで丁寧に動作を行いましょう。

バレエは、表情豊かに踊れる様になれば楽しくなります。日頃から、鏡を見ながらポーズをご確認下さいませ。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ