アンバのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエにおいて、姿勢を整える事は大変重要な事です。頭部、首、肩、胸、肋骨、腰、腿、膝、足首、踵を真っ直ぐに整えて立つ事が重要です。初心者の方は、地道なバーレッスンが必要です。

毎回、鏡を見ながら多角的にチェックする事が、技術の上達につながるはずです。何となくではなく、バレエのポーズをきちんと覚えてゆきましょう。



1.アンバとは

バレエの基本の動きには、特徴的な腕や脚の運びやポーズがあります。中でも基本の立ち姿勢の際、腕を下げ、長い手を作りましょう。

アンバを覚えたら、次は腕を肩の位置で伸ばしたり、腕を上に上げるアンナヴァンやアンオーも覚えましょう。

美しい腕の動きは、柔らかく力を無理に入れない事が鍵です。

いつでも、同じ様に美しいアンバを身につけましょう。



2.アンバのポイント

特に腕の動き上達の為には基本的な腕の動きは、必ず習得しましょう。指先をくっつけて、身体から腕が長く生えているかの様に、常に意識をしなければいけません。






1.指先を揃える

肩の力を抜き、腕を前に降ろします。肘を外に向けて曲げ、楕円を作ります。両腕と身体の空間を潰さない様、柔らかで長い腕を作りましょう。



2.顎

アンバの時、首を真っ直ぐにし、顎を上げましょう。頭部や胴は、腕と一緒に引っ張られたり、視線が落ちない様意識して下さい。



3.姿勢のチェック

アンバーは、横から見た時、真っ直ぐに立っていなければいけません。前屈みやお尻は出っ張らない様、腹筋で身体を引き上げ、上から引っ張られているイメージで、ピンと立ちましょう。



3.アンバーの上達を目指して

アンバーは、腕の動きの基本です。優雅に踊る為には、力を抜き、肋骨をとじましょう。

上腕筋や肩に力が入っていませんか?

前から見たり、横から見たりと鏡でポーズをチェックしてみて下さい。

腕が指先まで長くみえますか?

イメージしやすいのは、鳥の翼ではないでしょうか。指先は内側に向け、長くしなやかに上下に動かせる様、アンバーを習得しましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ