アームスのポジションについて | バレエが上達する練習方法

バレエの上達には、パとアームスの強化が必要です。バレエ初心者は日頃使わない筋肉をしっかりと鍛えなければいけません。

バレエ上達に向けて、しっかりとしたアームスを完成させましょう。

また、バーレッスンで、基本的な動きをしっかりと体得してゆきましょう。



1.筋肉の使い方

バレエ上達には、腕の位置を正確に保たなければいけません。

練習毎に、筋肉が備わりますが、どのポジションで、腕や背中のどの位置の筋肉を使うのか確認してみましょう。



1.腕自体をキープする為に鍛える筋肉

首の下、肩甲骨の間の筋力を鍛え、上に頭が引っ張られるイメージを保ちましょう。



2.腕が遠くに伸ばす為には

先ず、腕を遠くに伸ばしたい方のどちらか側の肩甲骨付近から、背中半分位までの筋力を鍛えなければいけません。

誰でも左右苦手な腕があります。左右のバランスをしっかりと整えてゆきましょう。






2.アームスは引き合うイメージ

アームスは、筋力や力が引き合う事で、美しい姿勢が生まれます。



1.姿勢と床

例えば、腕を上に上げるアンオーですが、床を上手く使うと、一層真っ直ぐに姿勢が保てます。床を押す感覚を持ち、頭は上部に引っ張られるイメージが大切です。

前屈にならない様、意識を持ちましょう。



2.上腕から肩

アームス上達には、肘を張り気味に、楕円を作り、長い手を作るのがポイントです。
肩と手首に近い腕の部分は、うちにひねり合わせるイメージをもち、肘上直ぐの筋肉で腕を外に開きましょう。

肩が上がったり下がったりしない様、注意しなければいけません。
また、首を伸ばしましょう。

肘を下げない様、しっかりとした楕円の空間を維持して下さい。

アームス・ポールドブラは基本です。

アームスが上達してきたら、顔をつける意識も取り入れて下さいませ。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ