ドゥバンのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエは練習をする事で、身体や体幹も養われます。しかし、技術の向上、上達を目指すならば、トレーニングも必要です。

今回は筋力不足だと、少し難しパをご紹介いたします。

日常の動作では使わない筋肉を使うのが、バレエです。力や勢いだけで、手や脚を上げ下げしたりしては、だらしがなく、しまりがない動きになりがちです。

しっかりとしたポジションとポーズを学びましょう。



1.ドゥバンとは

フランス語で、『 前に』を表すのが、ドゥバンです。先生の指示が的確に理解出来る様に、しっかりと覚えておきたい言葉です。

ちなみ逆はデリエール、『後方に』を意味します。合わせて覚えておいてはいかがでしょうか。



2.ドゥバンのコツ

ドゥバンは、高く足を上げるという事では、コツがいります。

例えば、前に脚を蹴り上げたりしてはいけません。内腿と太もも全体を使い、丁寧に持ち上げましょう。



1.脚の付け根から上げる

お尻の下側がぐるっと前を向く様に、高く脚を上げましょう。バレエは筋力をだけではなく、骨組みからしっかりと合わせて移動しましょう。






2.太もも

日常で使う腿の筋肉では、バレエを学ぶには限度があります。脚を瞬発力で上げ下げするのではなく、骨ごと回しこんだり、内腿と太ももの前側、またお尻を閉めたり解放する事を覚えて下さい。



3.ドゥバンの種類

バレエのレッスンでは、ポーズやポジションも基本として、しっかりと覚えなくてはいけません。新しいステップやターンを覚えたら、必ずおさらいしてみて下さい。



1.アン・ファス・ドゥバン

En Face Devant (アン・ファス・ドゥバン)は、正面を向きながら、指定された脚が前にある上達をいいます。



2.エファセ・ドゥバン

Efface Devant (エファセ・ドゥバン)は右斜め前を向き、右脚が前になります。



3.クロワゼ・ドゥバン

Croiser Devant (クロワゼ・ドゥバン)は、右斜め前を向きながら、脚は逆に、左脚前となります。



4.エカルテ・ドゥバン

Exalted Devant (エカルテ・ドゥバン)は、右斜めを向いたまま、左脚が左肩の方向にあるかたちとなります。

フランス語で方向をしっかり覚えられれば、バレエの上達も期待出来ます。

ポーズも大切ですが、バレエ用語も聞けば身体が直ぐに反応出来る様に、身につけゆきましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ