ドゥミスゴンドのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエ上達を目指すには、基本的な脚と腕のポジションを身につけなければなりません。上下、横、後ろとポジションは、指示通り正確にポーズを覚えましょう。

バレエは立ち方の姿勢が一般とは違い、首から背骨、腰を通り、膝から踵まで真っ直ぐに立ちます。

バレエの姿勢を覚えたら、次は腕を覚えてゆきましょう。



1.ドゥミスゴンドとは

demi seconde・ドゥミ・スゴンドは、1番と2番の中間の高さを表します。



2.ドゥミスゴンドのやり方

バレエ初心者にとって、腕や脚のポジションを覚える事は、バレエ上達への第一歩です。必ず正しいポジションを覚えましょう。



1.肩

肩を内側にローテートさせましょう。



2.肘

肘は肩と逆にローテートさせます。

しっかり脇腹をしめて、腕と胴体のスペースをつぶさない様、心がけましょう。



3.手首

手首は肘と反対、肩と同じ方向へローテートしましょう。各関節のローテーションにより、美しいバレエの腕が出来ます。




決して、両肩に棒が通ったように、滑稽な腕にならない様、心がけましょう。

指先は常に、優雅に少し丸く柔らかく保ちましょう。



3.ドゥミスゴンドのコツ

脚や腕のポジションは、慣れればすぐ身につきます。

ポイントは肘が下がると、おかしなポーズになります。意外に肩は自然と前側に回り込むのですが、肘がだらしなくならない様に、繰り返し練習しましょう。

基本的には、上腕の内側や外側が鍛えられてくると、しなやかな腕が作れる様になります。脇腹でしっかり身体や背中をサポートできる様、しなやかな身体を鍛えてゆきましょう。

また、バレエ上達には意識も大切です。バレリーナの様に、優雅で力強い感じを盛り上げてゆきましょう。長い首から、長い腕、そして、長い背のイメージを大切に、練習を行ってゆきましょう。

身体から少し話して腕を構えるイメージは、欧州の昔の豪華な女性のドレスのボリュームに対して、逆に腕がドレスで押されているがごとく、身体に付かない、長い腕がバレエの美しいアームです。

肩を左右、バランス良く保ち、長い腕を心がけましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ