バレエのグランバットマンが上達する練習方法

今回は「グランバットマン」についてお話しましょう。

「グランバットマン」は片足を高く上げて元のポジションに戻るという動きで、直訳すると「大きく打つ」になります。(※ちなみに「デガジェ」には「プチバットマン」・・・「小さく打つ」という別名があります。)

では、練習してみましょう。



◎その1:「タンデュ」「デガジェ」との関連性

「タンデュ」「デガジェ」と同じく、「グランバットマン」にも「片足を伸ばして」また「元のポジションに戻す」という共通点があります。

また、だした足の膝裏は絶対に曲げない、動いている間も身体の中心軸が絶対にぶれないなどの注意点も同じです。

言うなれば、「タンデュ」の進化系が「デガジェ」、そのまた進化系が「グランバットマン」なのです。

以上のことを理解した上で、バーについてみましょう。



◎その2:バーで練習

バーは通常片手でつかみますが、初心者のクラスでは両手でつかんで、鏡で姿を確認しながら動くこともあります。(※バレエ教室によって練習方法に違いがあります)

今回は初心者向けに両手でバーをつかむ方法にします。

まず、バーを背中にして1番ポジションに立ち、背中が反らないように注意しながら両手でバーをつかみましょう。




その際に中心軸がまっすぐになっているか、その中心軸に対して両手が左右均等になっているか確認して下さい。(※両手が均等な位置にないと身体全体が歪む バレエの動き全般において、バランスは最重要であり技術上達の要)

では、右足を前方向に向かってグランバットマンしてみましょう。

1.1番ポジションから右足を「かかと」→「土踏まず」→「爪先」の順番で伸ばし、その延長で床から上げる(※最初は床から90度の角度を目指しましょう)

☆右足が移動すると同時に中心軸がずれないように真上に向かって引き上げることをお忘れなく。(※上半身がまっすぐ正面向きなのがベスト)

2.右足を伸ばして上げていった時の「軌道」からはずれないように「爪先」→「土踏まず」→「かかと」の順番で床につき、元の1番ポジションに戻す。

☆1から2の間、骨盤は絶対に歪ませず、股関節の開きはキープした状態にしましょう。

この要領で、今度はバーの方向に身体を向け、「横」「後ろ」方向に出す練習をし、更に反対の左足でもやってみましょう。

如何でしょうか?

この動きをするには、股関節、膝裏、太ももの裏が柔軟であることが重要です。

これらが柔らかいと、足も90度以上の角度であげることができますよ。

レッスン前のみならず、お家にいる時もストレッチをするなどの小さな努力がグランバットマンのみならずバレエ上達につながるので、こつこつ頑張っていきましょう。

練習あるのみ、です。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ