マネージュのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエ上達を目指す皆様は、苦手なステップもあると思います。

ポジションは正しく繰り返して練習する事により、必ず向上します。

今回は、ひとつ先のステージで効果を発揮するマネージュをご紹介いたします。

バレエ初心者の皆様は、出来るだけセンターレッスンで大きな動きができる様になる様、練習してみてはいかがでしょうか。



1.マネージュとは

ステージでジャンプやターンを行いながら、円の軌跡を描く事をマネージュと呼びます。

ダイナミックであり、回転の練習やパの高度な技術が必要になります。



2.マネージュのやり方のコツ

マネージュは跳躍や脚を見せる、見せ場であり、アレグロのリズムにのって、正しく進行方向へ向かう重心移動が求められます。

しかし、人間身体、遠心力に向かう勇気と、正しく脚の付け根と肩をローテートさせ、ボディーコントロールを身につける事で技術や可動域が広がります。

マネージュは、大変スピードを必要としますが、脚の開脚や可動域、腕の使い方次第でバレエはぐんぐん上達します。

初心者の方々は苦手意識を持つよりも、動ける身体を作ってゆきましょう。



3.マネージュのポイント

先ず、身体が受ける遠心力は、陶芸をイメージしてはいかがでしょうか?

次に、グラスに水を入れて、棒でかき混ぜるてゆきましょう。




力と回転、動きを制御する、目、手やグラスの役割を全て身体を動かしながら行います。

タイミングと感覚を体得しましょう。



1.跳躍の場合

高く、遠くに飛べるステップと、床を押すコツを身につけましょう。

身体をしなやかに、重心移動を行うタイミングを体得して下さい。

脚の付け根を進行方向と逆にローテートさせて、足先と腹筋、背筋と脇腹をしっかりと保つ事で、跳躍は上達してゆきます。

肩を後ろにローテートさせる事と、脚をしなやかに使い方、開脚を十分に行う事により、円の外に身体がはじき出される感覚を覚えて、逆に円を描くコツみ身につけてゆきましょう。

足先まで、しっかりと伸ばしながら、足の甲が出せる様に練習してゆきましょう。



2.回転の場合

男性でも女性でも、バレエは美しい脚が基本です。アンドゥオールを正しく行う事で、回転しながらマネージュを行う事が可能になります。

バレエのマネージュは、大変体力と高度な技術が要求されます。

しかしバレエの魅力は、科学的にも人間の可能性を広げる事の出来る舞踏です。

背中を反らないバランスの良い筋力を強化してゆきましょう。

バレエを始めたからには、ソロで踊れる身体作りをしてゆきましょう。

後ろ足を胴体に巻き付き、なおかつまだ上に伸びるイメージで、重心コントロールを強化してゆきましょう。

バレエ上達を目指して、思う存分身体能力を高めてゆきましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ