バレエのルルべ上達のコツ

バレエ初心者の方にとって、おそらく毎回の練習で驚くことが多いでしょう。

とりわけ、一見簡単そうな動きでもかなりのインナーマッスルと関節を使うのでレッスン終了時にはヘトヘトに・・・。

今回はそんな動きの代表格、「ルルべ」上達のコツについてレクチャーします。



◎その1:今までの動きを解明してみよう 

「ルルべ」は床でアテールにした足の踵を上げ、爪先立ちにする動きです。

ここで今までのルルべをちょっと考えて。

大抵の方はまず両肩を上げる勢いでルルべをしていたのではないでしょうか。

しかも、ルルべで立った途端に今までアンデオール(外向き)にしていた両膝が前に向いてしまったり・・・。

立っても爪先がぐらぐらとしてバランスがとれなかったり・・・。

どれもバレエとしてアウトです。

まず、両肩が上がると重心が下がり、踵が上がりにくくなってしまうことがひとつ。

そして、キープしなくてはいけないアンデオール状態の骨盤が、ルルべにした途端に内向きに閉じてしまうのがもうひとつ。

更に、爪先の小指の方に重心がかかりすぎてバランスがとれなくなってしまっているのが最大の原因です。

それでは、バーで正しいルルべをしてみましょう。






◎その2:バーで練習してみよう

まず、鏡を正面に見ながら両手でバーを左右均等に軽くつかみ、1番ポジションで立ちましょう。

両踵、両膝、両太ももがぴったりとくっつき骨盤が左右対称に開いているか、また、骨盤上に上半身がまっすぐに伸びているか、お尻やお腹が突出ていないか確認しましょう。

これらを守ることで、ルルべ上達につながるのです。

ここから以下の動きになります。

1.自分の身体の中心軸がぶれないように気を付けながら、お腹に力をいれて真上に向かって引き上げ、股関節にが閉じないように踵を上げる。

2.両足の5本指の付け根の中心に、大きな釘が刺さって床に固定されているとイメージする。(※こうすることで、小指に余分な力がかからない)

3.更に、足の裏・ふくらはぎの裏・膝の裏・太ももの裏・お尻の裏・背中の裏を真上に向かって伸ばすとバランス力がアップする上に全体的に美しくのびやかに見える

4.この要領で、2番ポジション、4番ポジション、5番ポジションでもルルべができるようになる。

・・・というわけです。

ちょっとしたコツを理解するかしないかで、その後の出来にかなりの差がでてしまいます。

何事も正しい動きとコツを解明しながら練習すると、上達が早くなり、バレエがもっと楽しくなります。

頑張りましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ